• オリエント急行殺人事件 海外映画特集
  • ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE 国内映画特集
  • DESTINY 鎌倉ものがたり 国内映画特集
  • ドラマ「きみが心に棲みついた」 国内ドラマ特集
  • ヒミズ 国内映画特集
  • 蛇にピアス 国内映画特集
  • モンスターズインク 海外映画特集
  • 伊藤くん A to E 国内映画特集
  • 耳をすませば 国内映画特集
  • グラディエーター 海外映画特集
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」

2017年6月10日に公開された映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」。その衝撃的なストーリーに加えて、藤原竜也さんと伊藤英明さんがW主演で登場し話題となった作品です。ここでは、映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」のあらすじやキャスト情報、ラストに訪れる衝撃の結末内容についてご紹介します。

 

【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」のあらすじ

映画「22年目の告白

【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】

 

1995年に日本を騒然とさせる5件の連続殺人事件が発生。当時、担当刑事だった牧村は犯人を寸前のところまで追い込みますが、結局犯人を捕まえることができず、さらには上司の滝が命を落としてしまいました。

 

それからも牧村を中心に警察が必死に捜査を行うも、犯人を捕まえる手がかりが得られないまま、事件発生から15年後に時効を迎えてしまいます。

 

そして事件から22年後の2017年に再び世間を騒然とさせる出来事が起こります。なんと当時の事件の真犯人を名乗る曾根崎が世間の前に現れるのです。

 

真犯人を自称する曾根崎は事件の告白本「私が殺人犯です」の出版会見に登場。残忍な殺人事件を起こした美しい容姿の曾根崎は一躍話題となり、マスコミやSNSでは大きな話題となっていきます。

 

さらに曾根崎はマスコミを引き連れての被害者遺族への謝罪行脚を行ったり、サイン会をひらいたりしながら世間を挑発。さらなる注目と話題を集めようと世間を騒がせます。

 

事件の真犯人・曾根崎の真の目的とは一体なんなのか…?

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」予告動画

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」で藤原竜也と伊藤英明がW主演

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」

【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】

 

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」では藤原竜也さんと伊藤英明さんがW主演で出演。連続殺人事件の犯人を名乗る男・曾根崎役を藤原竜也さん、当時の担当刑事であった牧村役を伊藤英明さんが演じています。

曾根崎雅人/藤原竜也

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」

【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】

 

1995年に起こった連続殺人事件の真犯人を名乗る男。事件から22年後の2017年に告白本を出版し、突如世間の前に現れる。世間の注目をさらに集めようとする曾根崎は、記者会見やサイン会をひらき、さらにはテレビ番組への出演を要求する。

牧村航/伊藤英明

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」

【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】

 

当時発生した連続殺人事件の担当刑事。犯人を寸前のところまで追い込むが捕まえきることができず、その際に上司の滝が命を落としてしまう。妹の里香も事件に巻き込まれ事件後に失踪してしまう。

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」登場人物・キャスト一覧

曾根崎雅人 藤原竜也
牧村航 伊藤英明
岸美晴 夏帆
小野寺拓巳 野村周平
牧村里香 石橋杏奈
春日部信司 竜星涼
戸田丈 早乙女太一
滝幸宏 平田満
山縣明寛 岩松了
橘大祐 岩城滉一
仙堂俊雄 仲村トオル

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」のストーリー解説

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」

【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】

1995年に起きた5件の連続殺人事件

1995年に日本を騒然とさせる連続殺人事件が発生します。

 

犯行には「殺害方法はロープにより絞殺」「近親者の前で殺害」「目撃者は殺さない」という3つの共通点がありました。

 

当時担当刑事だった牧村は犯人を寸前のところまで追い込むも犯人を捕まえきることができず、その際に駆けつけていた上司の滝が命を落としてしまい、妹の香里も事件に巻き込まれ失踪してしまいました。

 

その後、警察は必死に捜査を行うも犯人逮捕の有力な手がかりを得ることができず、事件発生から15年後に時効を迎えます。

事件から22年後に犯人を名乗る曾根崎が世間の前に現れる

事件発生から22年後の2017年。再び世間を騒然とさせる出来事が起こります。1995年に発生した連続殺人事件の真犯人を名乗る男・曾根崎が世間の前に現れたのです。

 

真犯人を名乗る曾根崎は過去に自分が起こした事件の告白本「私が殺人犯」を出版し記者会見をひらきます。さらに、曾根崎は時効を迎えるまで自分を逮捕できなかった警察やマスコミを「無能」と呼び挑発。

 

さらには残忍な殺人事件を起こした人物とは思えないほど美しい容姿だったこともあり、マスコミやSNSで話題沸騰。一躍世間の注目を集めた曾根崎の告白本はベストセラーとなっていきます。

さらなる注目を求める曾根崎は報道番組に出演

その後も、曾根崎は世間を挑発するように被害者遺族へ謝罪行脚を行ったり、自身のサイン会をひらいたりなどして世間の注目を集めていきます。

 

さらなる世間からの注目を求める曾根崎は、告白本の担当編集者にテレビ出演を依頼。すると、「NEWS EYES」という報道番組でメインキャスターを務める仙堂から生出演の依頼オファーが届きます。仙堂はもと戦場カメラマンで、連続殺人事件の取材によってジャーナリストとしての評価を獲得し、現在のポジションを獲得していました。

 

世間からの大きな注目を集めながら生放送がスタート。すると、仙堂は告白本の内容に関する2つの疑問点をぶつけていきます。

 

それは「告白本の内容に殺害の動機を示す内容が記されていない」「告白本には書かれていない事件がもう1つ隠されているのではないか」ということでした。

 

仙堂からのするどい質問を受けて、著者である曾根崎はなぜか焦りの表情を浮かべます。

番組放送後に新たに真犯人を名乗る男が出現

曾根崎が仙堂の番組に出演した後、番組に1人の男から連絡が入ります。

 

その男は、曾根崎は偽物で自分こそが真犯人だと番組に伝えるのです。

 

さらに、真犯人が動画投稿サイトに投稿した動画には、刑事・牧村の上司が命を失い、牧村の妹・里香が失踪することとなった5番目の事件の一連の様子、さらには失踪中の里香の姿が映っていました。

 

その後、犯人を自称していた曾根崎、担当刑事だった牧村、新たに犯人を名乗ってきた男を加えて、仙堂がキャスターを務める報道番組の収録が始まります。

 

新たに犯人を名乗ってきた男は、あるDVDを持って収録に現れます。そこには、動画投稿サイトに投稿された内容の続きがあり、犯人が牧村の妹・里香を絞殺し、里香の指にはめられていた婚約指輪を取るところが映っていました。

 

牧村は妹が殺害されたことを知り涙を流し、キャスターの仙堂は言葉を失い、犯人を名乗る男は不適な笑みを浮かべます。

明かされる曾根崎の真の正体

里香が殺害された動画を見た曾根崎は突然様子を変え、仙堂の万年筆を奪って犯人に襲いかかろうとします。なんとか曾根崎は取り押さえられ、仙堂は曾根崎に真実を語るように迫ります。

 

それまで犯人を名乗っていた曾根崎は、自分は本当の犯人ではないことを告白。さらに、牧村は曾根崎が書いた告白本は自分が執筆したものだと告白します。

 

なんと曾根崎の正体は、牧村の妹・里香の婚約者であった小野寺拓巳だったのです。

 

事件発生当時、婚約者の里香が事件に巻き込まれ失意に暮れていた拓巳は飛び降り自殺を図っていました。しかし、なんとか一命を取り留め、遺族の1人である山縣医師から顔面の整形手術を受け、その後戸籍を変えた拓巳は「曾根崎」として生きてきたのです。

 

さらに、牧村は今までの曾根崎(拓巳)を利用した世間への挑発行為は、全て犯人をおびき出すためだったと説明します。牧村は自己顕示欲や復讐心が強い犯人は、自分以外の人物が犯人だと名乗り世間の注目を集める行動を許すことはできないだろうと考えていたのです。

 

全ての真実が明らかとなった後、それまで新たな犯人を自称していた男から驚愕の言葉が。なんと、その男は真犯人ではなく金で雇われただけの一般人だったのです。

 

その言葉に、犯人をおびき出そうとしていた牧村と拓巳はショックを受けます。

 

結局、真犯人が誰かも分からいまま番組は終了しました。

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」ラストに訪れる衝撃の結末!(ネタバレ)

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」

【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】

 

新たに事件の証拠として手にいれた動画を見ていた牧村は、動画に映し出されていた内容から“ある事実”に気づきます。同じ頃、拓巳も事件の真相に気づき、山縣医師から車を借りてどこかへ向かいます。

 

拓巳が向かった場所はキャスターの仙堂の別荘でした。

 

拓巳が里香と婚約していたことは牧村以外には知らないはずでした。しかし、番組放送中にキャスターの仙堂は里香が婚約していたと話していたのです。里香が婚約していることを牧村以外に知っている人物がいるとしたら犯人しかいません。

 

つまり、犯人はキャスターの仙堂だったのです。

 

仙堂は戦場カメラマン時代に現地の反政府勢力に友人と囚われ、目の前で友人が絞殺され自分だけが解放されたという過去がありました。仙堂は目の前で友人が殺されたにも関わらず、自分だけが解放されてしまったということにトラウマを抱えていたのです。仙堂は自分と同じような境遇の人物を生み出すことで救いを求めていました。

 

その後、仙堂の別荘に到着した拓巳は仙堂の首を絞めて殺害しようとします。しかし、そこに牧村が駆けつけ、仙堂を殺さずとも法で罰することができると拓巳を止めます。

 

事件はすでに時効扱いとされていましたが、5人目の被害者となった里香が殺害された日にちは、ちょうど法改正が行われ時効が撤廃された日にちだったのです。そのことは、里香が殺害された様子が収められた動画に映っていた東京タワーの消灯のタイミングによって判明しました。(東京タワーの消灯後に里香が殺害された→殺害されたのは法改正(時効撤廃)後の日にちだった)

 

そのことを知り、拓巳は仙堂の首を絞めるのを止めます。

 

それから大量の証拠品とともに、仙堂の別荘近くからは里香の白骨遺体が発見されました。

 

殺人事件の偽犯人“曾根崎”を演じ世間に顔を知られすぎた拓巳は、里香の命日には戻ってくると伝え海外へと旅立ちます。

 

一方、連続殺人事件の犯人だった仙堂は、獄中で事件の告白本を執筆し、その本は近日出版されることとなっていました。また、収監された仙堂は心神喪失を訴えていたことから精神病院への移送が決定します、

 

仙堂が移送される途中、清掃員の男がナイフを持って仙堂に襲いかかります。その男は、銀座でホステスをしていた母を殺害された戸田丈でした。

映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」の関連記事

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」特集・まとめ
2018.2.20
2017年公開のサスペンス映画「22年目の告白 私が殺人犯です」。22年前に起こった残忍な連続殺人事件。警察の必死の捜査も及ばず、事件はすでに時効を迎えていた。しかし、事件から22年後事件の真犯人を名乗る男・曾根崎が世間の前に現れ…。殺人犯・曾根崎役に藤原竜也、事件の担当刑事役に伊藤英明が出演。 ...…
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」のレビュー・感想
2018.2.20
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」を視聴した方のレビュー・感想の紹介ページです。レビュー・感想をご参考に、映画「22年目の告白 私が殺人犯です」をお楽しみください。 【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」製作委員会】 映画「22年目の告白 私が殺人犯です」レビュー・感想 悪魔...…
映画「22年目の告白 −私が殺人犯です−」
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」予告動画
2018.2.20
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」の予告動画をご紹介するページです。映画「22年目の告白 私が殺人犯です」のあらすじやキャスト、作品情報についても公開中!映画「22年目の告白 私が殺人犯です」の予告動画・作品内容を動画ミルでご覧ください。 【(C)2017 映画「22年目の告白 私が殺人犯です...…

関連キーワード
おすすめの記事
映画「OVER DRIVE」
国内映画特集
2018年公開のヒューマンドラマ映画「OVER DRIVE」。WRC(世界ラリー選手権)への出場を目指し、天才ドライバーとメカニックの2人の...
ボス・ベイビー
予告動画・PV
映画「ボス・ベイビー」の予告動画をご紹介するページです。映画「ボス・ベイビー」のあらすじやキャスト、作品情報についても公開中!映画「ボス・ベ...