• マレフィセント 海外映画特集
  • 最強のふたり 海外映画特集
  • 未成年だけどコドモじゃない 国内映画特集
  • 映画「祈りの幕が下りる時」特集・まとめ 国内映画特集
  • 白夜行 国内ドラマ特集
  • 映画「不能犯」 国内映画特集
  • フォレスト・ガンプ/一期一会 海外映画特集
  • 僕たちがやりました 国内ドラマ特集
  • 闇金ウシジマくん 国内映画特集
  • ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE 国内映画特集
秒速5センチメートル

2007年に新海誠監督によって制作された短編映画「秒速 5センチメートル」。

 

映画「君の名は。」が大ヒットしたことをきっかけに「秒速 5センチメートル」の作品に興味を持つ方が多いようですね。(筆者もその1人でした…)

 

鬱映画などの口コミもある「秒速 5センチメートル」ですが、あらすじと視聴した感想についてご紹介します!

 

ネタバレも含みますので、これから観る方はご注意を!

 

【(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films】

秒速5センチメートルのあらすじ【予告動画あり】

 

秒速5センチメートルは大きく3つの章に分かれており、それらがまとまって1つの映画作品として成り立っています。まずは、各章のあらすじについて詳しくご紹介する前に、ザックリと秒速5センチメートルのあらすじをご紹介します。

 

主人公の少年“貴樹(たかき)”と同級生の“明里(あかり)”は、おなじ東京の小学校に通う同級生でした。小学生ながらもお互いを意識しているような関係です。

 

しかし、小学校を卒業をするタイミングで明里が親の転勤のために栃木へ引っ越すことになってしまいます。さらに、中学になると今度は貴樹が親の転勤で鹿児島に引っ越してしまうことに。

 

お互いに好きという感情があるにも関わらず、大人の事情でどんどんと距離が離れてしまう2人。中学1年が終わる時期に1度再会しますが、その後は社会人になるまで2人は互いに再会することなく時間が経過していきます。

 

大人になった貴樹と明里は再会することができるのか…
2人の恋愛はどうなっていくのか…

 

こんな感じが秒速5センチメートルの簡単なあらすじです。
それでは、秒速5センチメートルの各章の詳細なあらすじについてご紹介していきます!

秒速5センチメートルの各章のあらすじを解説

秒速5センチメートル

【(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films】

 

秒速5センチメートルは、貴樹と明里の成長に沿うように3つの章(話)に分かれています。各章については以下の通りです。

 

  • 第一話:桜花抄(おうかしょう)〜小学・中学時代〜
  • 第二話:コスモナウト〜高校時代〜
  • 第三話:秒速5センチメートル〜大人になってから〜

 

それでは、秒速5センチメートルの各章のあらすじについて詳しく解説していきます!

第一話:「桜花抄」のあらすじ

「ねぇ、秒速5センチなんだって」

 

物語の始まりは、小学校の卒業式の帰り道で桜の花びらが舞い落ちるのを見ながら明里が貴樹に語りかけるこの一言から始まります。

 

東京のとある小学校に通う同級生の貴樹と明里。
明里は小学校の卒業のタイミングで、親の転勤のために栃木に引っ越してしまいます。小学校の卒業式が終わった半年後、貴樹のもとへ明里から手紙が届き、2人は距離が離れながらも手紙でのやりとりを始めるようになります。

 

中学一年の三学期が終わろうとしていた頃、今度は貴樹が親の転勤のために鹿児島へ引っ越すことに。東京と栃木、電車を乗り継げば簡単に会える距離にいた2人ですが、今度は気軽には会うことができないくらいの距離に離れることになってしまいます。

 

そこで、貴樹は鹿児島に引っ越す前に明里が住んでいる栃木の岩舟で再会しようと手紙を出します。待ち合わせは岩舟駅の待合室。貴樹と明里が再会するのは、小学校の卒業式から約1年ぶりのことです。

 

貴樹が明里のもとへ電車で向かう途中、その日の昼から降っていた雪の影響で電車が遅れてしまいます。途中電車が止まってしまい、貴樹は寒さのなかで自分を待っているであろう明里を思い、待ち合わせ場所に向かいながらも心の中で明里がすでに帰宅してくれていることを願います。

 

夜の11時過ぎに、ようやく待ち合わせの岩舟駅へと到着した貴樹。すると、そこには寒そうにしながら待っている明里の姿が。明里も貴樹に気づくと、「もう来ないのではないか」という心配や「やっと再会することができた」という嬉しさからか、貴樹の手を握りながら涙を流します。

 

2人は駅の待合室で明里が作ってきたお弁当を食べながら語り合います。しかし、もう終電は終わった遅い時間。2人は駅舎から外に出て静かに歩き出します。

 

2人が少し歩くと、そこには小学校の卒業式の帰りに一緒に見た桜の木に似た大きな一本の木が。貴樹と明里はそこで初めてのキスをします。その後、2人は畑の近くにあった小さい納屋の中で1つの毛布で体を包みながら夜を明かします。

 

翌日の朝、貴樹は電車に乗り駅のホームで明里と別れます。電車の扉が閉まる寸前、「貴樹君はきっとこの先も大丈夫だと思う!絶対!」と明里が声をかけ、貴樹が乗った電車はホームを離れていきます。

第二話:「コスモナウト」のあらすじ

風が吹く丘のうえで高校生となった貴樹が立っており、その横には顔がはっきりとはしませんが明里と思しき女の子が座っています。(ちなみに、明里の顔がはっきりしないのは、本当に樹貴の横に明里が座っているからではなく、樹貴が心の中で明里のことを思い続けている様子を描写するためです)こんなシーンから、秒速 5センチメートルの第二話「コスモナウト」が始まります。

 

鹿児島の種子島の高校に通う貴樹。部活は弓道部に所属をしています。貴樹と同じ高校に通う同級生の花苗(かなえ)は、密かに貴樹に心を寄せています。

 

花苗が貴樹と初めて会ったのは中学二年生の時。花苗の通う中学校に貴樹が転校してきた時でした。花苗は自分のクラスに転校生としてやってきた貴樹に一目惚れし、それ以来思いを告げられず現在は同じ高校に通っています。

 

時々、偶然を装って貴樹の部活帰りを待ち伏せし貴樹と一緒に帰る花苗。ある日の帰り道、2人の目の前をロケットを積んだ輸送車がゆっくりと通り過ぎます。打ち上げ場付近では、輸送車はスピードを落として運転をされるようです。

 

そのゆっくりと打ち上げ場まで進んで行く輸送車を見ながら、ふと花苗がこんなこんな言葉を呟きます。

 

「時速5キロなんだって」

 

その瞬間、貴樹が一瞬ハッとした表情を見せます。小学校の卒業式の帰り道で明里が呟いた“あの言葉”を思い出したように。

 

まだ夏の雰囲気が残る10月の半ば、花苗はいつものように貴樹と一緒に学校から帰ります。その日、花苗は貴樹に告白をしようと考えていました。

 

貴樹と花苗はお互いに原付バイクで学校に通っているのですが、帰りに立ち寄ったコンビニで花苗のバイクが故障してしまい、貴樹も自分のバイクをコンビニに置かせてもらい花苗と一緒に歩いて帰ることにします。

 

花苗は貴樹と歩きながらも自分の気持ちを言い出せずにいました。そして、突然泣き始めてしまうのです。花苗は自分に優しく接してくれる貴樹が自分のことなんか見ていず、いつも違う誰かのことを考えていることを気づいていました。だから、貴樹に優しくされればされるほど、花苗はやるせない気持ちになっていたのです。

 

自分が歩く後ろで泣いている花苗に貴樹が気づき、自分を心配する貴樹に花苗が謝っていると、2人の背中側にある遠くの打ち上げ台からロケットが飛び立っていきます。

 

空を突き抜けて真っすぐに宇宙へ飛んでいってしまったロケット、そしてロケットが過ぎ去った雲に交差しながら、ゆっくりと空を飛んでいる鳥。その様子を見て、花苗は貴樹への思いが伝わることはないということを改めて気づかされます。

第三話:「秒速5センチメートル」のあらすじ

社会人となり東京で働いていた貴樹。社会人となった貴樹には、東京に出てから3年ほど付き合っている彼女がいましたが、ある日その彼女から別れを告げるメールが届きます。そのメールには、こんな内容が書かれていました。

 

「あなたのことは今でも好きです」
「1000回近くメールして、心は1センチくらいしか近づけませんでした」

 

もしかしたら、高校時代に貴樹に恋をしていた花苗と同様に、その彼女も貴樹の心が自分以外の誰かに向いていることに気づいていたのかもしれません。

 

その後、貴樹はどこに向かおうとしているのかも明確に分からないまま、ただがむしゃらに会社で働いていましたが、ある日限界に達してしまい自宅で仕事をするようになっていました。

 

実は、この頃社会人となった明里も貴樹がいる東京で暮らすようになっていました。しかし、その頃明里には婚約相手がいてすでに別の人生を送っていました。

 

最後に栃木の岩舟で会って以来、再会することがなく時間を過ごして来た明里と貴樹。2人はずっと近くにはいれなくてもお互いのことを思いながら大人へと成長していきました。

 

でも、大人になった今、気づくと2人はすでに別々の道を歩んでいたのです。

 

2人が大人になるまでの時間をどのように過ごしてきたのかを描写するシーンで、山崎まさよしの「One more time,One more chance」が流れます。その歌の中にはこんな歌詞が。

One more time,One more chanceの歌詞
いつまでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

 

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

 

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど

秒速 5センチメートル

【(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films】

 

ある日、貴樹が踏切を歩いていると、その踏切のうえで明里らしき女性とすれ違います。

 

貴樹が踏切を渡りきったところで再度確認しようと後ろを振り向くと、その女性も立ち止まり貴樹の方を振り向こうとします。

 

しかし、その瞬間に電車が通り過ぎ遮られてしまうのです。電車が通り過ぎると、そこには明里と思われる女性はもういませんでした。

 

貴樹はそのことを確認し、微笑みながら歩み始めます。

おすすめの記事
ダークタワー
海外映画特集
2018年公開のファンタジー映画「ダークタワー」。ある日、夢で見た異世界へと迷い込んでしまう少年ジェイク。そこでは、世界の支柱とされる“ダー...
ホットロード
予告動画・PV
映画「ホットロード」の予告動画をご紹介するページです。映画「ホットロード」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!映画「ホ...