2018年1月31日にドラマ「anone(あのね)」第4話が放送されました。亜乃音の一千万円を持ち逃げたるい子を探すハリカと舵。なぜ、るい子は大金が必要だったのか。そして、るい子の傍らに寄り添うアオバの正体とは…。ここでは、ドラマ「anone(あのね)」第4話のあらすじとストーリーをご紹介します。

 

【(C)Nippon Television Network Corporation】

ドラマ「anone」第4話のあらすじ

ドラマ「anone」

【(C)Nippon Television Network Corporation】

 

西海に渡るはずだった亜乃音の一千万円を持ち逃げに自宅アパートに戻ったるい子。そこには謎の女子校生・アオバの姿が…。

 

一方、忘れ物をしたとして林田印刷所を訪れる理市。こっそりと印刷機を調べる理市が企んでいることとは…。

 

ハリカはカレーショップ跡で舵と遭遇する。亜乃音の大金をるい子が奪ったことを知ったハリカと舵は、るい子の息子・樹の電話番号を頼りにるい子の自宅へ。

 

しかし、ハリカと舵が辿り着いたのは高級タワーマンションで、るい子の姑・百合恵から半年前にるい子は家を出たと聞かされる。るい子が抱える悲しい過去の秘密とは…。

 

その頃、亜乃音は娘・玲から呼び出され二度と自分達に近づかないよう釘を刺されていた。さらに、玲には再婚相手がいることを聞かされるのだが…。

ドラマ「anone」第4話の登場人物

ドラマ「anone」

【「anone」公式サイトスクリーンショットより】

 

辻沢ハリカ 広瀬すず
林田亜乃音 田中裕子
林田京介 木場勝己
青羽るい子 小林聡美
持本舵 阿部サダヲ
紙野彦星 清水尋也
青島玲 江口のりこ
青島陽人 守永伊吹
中世古理市 瑛太
中世古結季 鈴木杏
花房万平 火野正平

ドラマ「anone」第4話のストーリー解説※ネタバレ

ドラマ「anone(あのね)」

【(C)Nippon Television Network Corporation】

るい子に寄り添う謎の女子校生・アオバ

西海に偽札の身代金を掴ませ、亜乃音が引き出した本当の一千万円を持ち逃げしたるい子は自宅アパートに戻っていた。そのアパートには謎の女子校生・アオバの姿が…。

 

高校2年の時、るい子は当時のバンドメンバーの男にベッドに押し倒され予期せぬ妊娠をしてしまった。しかし、るい子の子どもはこの世に生まれる前にあの世へ旅立ってしまった。

 

ある日、るい子は医師から生まれてくるはずだった子どもが女の子であったことを聞かされる。以来、るい子は生まれてくるはずだった娘の幻影を見るようになり、親子のように時として友人のように過ごしている。

 

つまり、アオバは生まれてくるはずだったるい子の娘。アオバはいつも夢が叶わないるい子に寄り添い、彼女を見守り続けていた。

 

その後、るい子が結婚し息子を出産したことで、アオバはるい子の前から消えるはずだった。しかし、アオバは未だにるい子のそばにいる…。

亜乃音の金を持ち逃げしたるい子を探すハリカと舵

誘拐事件以来、ハリカは亜乃音の元に身を寄せている。ハリカは自分の守るために大金を失ったことを気にしない亜乃音に感謝する一方で、高額な費用がかかる先進医療でしか助かる方法がない病気の彦星を心配していた。

 

そんなある日、亜乃音はカレーショップ後で偶然に舵と再会。舵は西海が自殺したためにもう迷惑をかけることはないと説明し、ハリカに事件に巻き込んでしまったことを謝罪した。

 

るい子を見つけ出して亜乃音のお金を取り返そうと決意したハリカと舵。2人はるい子の息子の電話番号を頼りに高級タワーマンションに辿り着く。

 

そこは、かつてるい子が夫と息子、そして姑と暮らしていた場所だった。ハリカと舵はるい子の姑・百合恵にるい子の居場所を聞くが、百合恵からるい子はある時から“おかしなこと”を言うようになり、半年前に家を出て行ってしまったのだと聞かされた。

るい子がお金を持ち逃げした理由とは…

学生時代から自分の夢が叶わないるい子。しかし、会社をやめた後に結婚、息子の樹を出産しやっと幸せになれるかと思われた。そして、幸せを迎えつつある母・るい子の姿を見たアオバは、その頃からるい子の前から姿を消した。

 

るい子は懸命に良き妻、良き母、良き嫁としてあろうとしていた。しかし、結果的に姑や夫、息子からも疎まれてしまう。

 

そんな日々が続き、るい子は様々なストレスが原因で倒れてしまう。るい子は息子・樹のことを想いながらも、あの世にいる娘・アオバの元へ逝ってしまおうかとも考えた。

 

しかし、るい子は息子・樹とともに生きることを選択。ある日、るい子は樹に「お母さんと一緒にこのウチ出てくれないかな?」と誘うも、樹からは専業主婦でお金もないのに無理だと拒否されてしまった。

 

るい子はそんな息子・樹と一緒に暮らすために大金を必要としていたのだ。

るい子が持ち逃げした亜乃音の大金が盗まれてしまい…

るい子の事情を聞いたハリカと舵。それでも、舵はるい子に盗んだお金を亜乃音に返すよう諭した。

 

しかし、なかなか盗んだ大金の在処を言わないるい子に、舵は見かねて家中を探し始め、るい子が亜乃音の金を保管していた壷を発見する。ハリカが壷を開けるも、そこにあるはずの大金はなくなっていた。盗まれてしまったのだ…。

 

息子とまた一緒に暮らすためのお金……。るい子は急いで犯人を探しに行こうとアパートの部屋を飛び出すが、階段から転落してしまう。呆然とするるい子の目には、アオバが「こっちにおいでよ」と誘う姿が映る。

 

隠し持っていた亜乃音の金を盗まれてしまい、成す術がなくなったるい子は再び夫や姑がいるマンションに帰ることを決意。るい子は、ハリカと舵にお金は必ず返すと約束した。

 

そんなるい子を引き留めるために、舵は咄嗟に「行かないでください!帰らないでください!あなたのことが好きなんです!」と想いをぶつける。

ドラマ「anone」第4話の結末

久しぶりに、夫、姑、息子の樹と暮らしていたマンションに戻ったるい子。すると、夫から離婚届にサインするよう依頼される。

 

るい子は最後のお願いとして、息子の樹と一緒に晩ご飯を作らせてもらえるようお願いした。樹も、しぶしぶるい子と一緒に料理の支度を始める。

 

料理が作り終わり、るい子は樹と一緒に食事をしようとするが、樹は「食べる約束はしてないから。これサインしておいて。」と離婚届けの紙を置いて自分の部屋へと戻ってしまった。

 

幸せだったのも束の間、るい子のもとから夫、姑だけでなく息子の樹までも去ってしまう。るい子は離婚届にサインをして結婚指輪をテーブルの上に置いた。

 

そんな1人残されたるい子のもとにアオバが現れる。自分を心配してくれるアオバに、るい子は「もうしばらく生きてみる」と伝えるのであった。

 

るい子が全てのケジメをつけ終わると、外ではハリカと舵が待っていた。るい子は警察に行って自首すると言うが、ハリカと舵は亜乃音のもとに話しに行ってみようと提案。るい子もハリカと舵とともに亜乃音のもとへ向かうこととなった。

 

その頃、亜乃音は玲と息子・陽人のもとを訪れていた。しかし、後日玲から呼び出され、玲が再婚することを伝えられるとともに、二度と近づかないように釘を刺されてしまう。それでも亜乃音は玲の幸せを噛み締めていた。

 

一方、玲が息子が待つアパートに戻ると、なぜかそこには林田印刷所の元従業員・理市の姿が…。

ドラマ「anone」の関連記事

おすすめの記事