• ショーシャンクの空に 海外映画特集
  • 君の膵臓をたべたい 国内映画特集
  • オリエント急行殺人事件 海外映画特集
  • 君の名は。 国内映画特集
  • アダムスファミリー2 海外映画特集
  • 映画「犬猿」 国内映画特集
  • スラムダンク テレビアニメ特集
  • 太陽の末裔 韓流映画・ドラマ特集
  • モテキ 国内映画特集
  • 映画「銀魂」 国内映画特集
進撃の巨人/ヒストリア

ここでは『進撃の巨人』の登場人物ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)についてご紹介します。なぜ、ヒストリアは“クリスタ”と名乗るようになったのか?そしてヒストリアの生家であるレイス家の秘密とは…。ヒストリアの過去から現在までの生涯を振り返ってみます。

 

【©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会】

『進撃の巨人』ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)とは

進撃の巨人/ヒストリア

【©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会】

 

ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)は調査兵団の兵士。第104期訓練兵団を10位で卒業。

 

調査兵団の一兵士であったクリスタですが、その後彼女の正体が壁内の真の王家であるレイス家の一族であることが発覚。

 

クリスタの本名はヒストリア・レイスといいます。

ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)役の声優

アニメ『進撃の巨人』でヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)の声を演じていたのは声優の三上枝織さんです。

 

三上枝織さんは1989年生まれ青森県出身。声優事務所である「青二プロダクション」に所属されています。

 

2007年に東京アナウンス学院に入学後、在籍中であった2008年に第2回声優アワード新人発掘オーディションで7社からオファーを獲得し、現在の青二プロダクションに所属されています。

 

三上枝織さん、かわいいですよねー(惚)

『進撃の巨人』ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)の正体

進撃の巨人/ヒストリア

【出典:amazon

 

調査兵団の一兵士であったクリスタ。しかし、彼女の正体は壁内の真の王家であるレイス家の一族であるヒストリア・レイスだったのです。

 

なぜヒストリアはクリスタという名前を名乗るようになったのか?

 

なぜ、王家の一族にも関わらず、王家の領地を離れているのか?

 

その理由にはヒストリア(クリスタ)の悲しい過去が関係していました。

『進撃の巨人』ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)の過去を辿る

レイス家の主ロッド・レイスと妾の母の間に生まれる

ヒストリア(クリスタ)はウォール・シーナ北部にあるレイス卿の領地内の牧場で生まれ育ちました。

 

実は、ヒストリアはレイス家の領主である父ロッド・レイスと妾の女性(ヒストリアの母)との間に生まれた娘だったのです。

 

それ故、ロッドにとってはもちろん周囲にとってもヒストリアや母は疎ましい存在として扱われていました。

母から愛されなかったヒストリア

進撃の巨人

【©諫山創・講談社】

 

ある日、ヒストリア(クリスタ)は本を読み『親は子供に関心を示し話しかけたり抱いたり叱ったりするもの』であることを知ります。

 

そこで、ヒストリアは好奇心から母に抱きつきますが、ヒストリアは母から突き飛ばされてしまいます。それがヒストリアにとって“初めて母にされたこと”でした。

 

さらに、ヒストリアは突き飛ばされた母親から、こう言葉を放たれるのです。

 

「こいつを殺す勇気が…私にあれば…」

 

それがヒストリアにとって“母から発せられた最初の言葉”でした。

 

それ以来、ヒストリアの母は家を出て違う場所で暮らし始めます。そして、ヒストリアは祖父母に育てられるようになりました。

 

やがて、すべての人から冷たく対応されるうちに、ヒストリアは初めて自分が周囲にとって快くない存在であることに気づくのです。

ヒストリアの唯一の味方だった異母姉フリーダ

進撃の巨人

【©諫山創・講談社】

 

孤独なヒストリアにも、唯一味方といえる存在がいました。それがロッドとその正妻の間に生まれた娘である異母姉のフリーダです。

 

フリーダはよく領民のもとを回っていて、ヒストリアのもとにも足を運んでいました。

 

幼いヒストリアはフリーダから読み書きなどを教えてもらいながら、まるで本当の姉のように優しく接してもらいます。

 

しかし、別れ際にフリーダがヒストリアの記憶を消していたために、ヒストリアはフリーダのことを忘れてしまっていました。

ヒストリアの母親が謎の男に殺害される

進撃の巨人

【©諫山創・講談社】

 

845年、ウォール・マリアが巨人の襲撃によって陥落した数日後、ヒストリアの前に初めて父であるロッド・レイスが姿を現します。その傍らには数年ぶりに見る母の姿が…。

 

父ロッドから「これから私と暮らすぞ」と言われ、ヒストリアは父に連れられて外の馬車へ。その時、突然母が悲鳴をあげ、ヒストリアは自分たちが謎の男たちに取り囲まれていることに気づきます。

 

謎の男に羽交い締めにされ怯える母を見て、ヒストリアは「お母さん」と呼びかけますが、母は「私はこの子の母親ではありません」と否定。

進撃の巨人

【©諫山創・講談社】

 

実は、領民にとっても王政にとっても不名誉な存在であったヒストリアと母は、議会の命令を受けた中央第一憲兵によって存在ごと末梢されることになっていたのです。

 

その後、ヒストリアの母は中央第一憲兵の男によって喉を切られて殺害されます。

進撃の巨人

【©諫山創・講談社】

 

「お前さえ産まなけ……」

 

それはヒストリアが聞いた“母の最後の言葉”でした。

 

また、後にヒストリアの母を殺害した男の正体が、リヴァイの叔父ケニーであったことが判明します。

 

【参考】『進撃の巨人』切り裂きケニーの正体やリヴァイとの関係について解説!

父ロッドより“クリスタ”という名を授かる

進撃の巨人/ヒストリア

【©諫山創・講談社】

 

母が殺された後、ヒストリアもケニーによって殺されそうになります。

 

その時、ロッドが『遠くの地で慎ましく生きるのであれば見逃してはどうか』とケニーら中央第一憲兵に提案。

 

以降、ヒストリアは“クリスタ”と名乗るようになり、開拓地で2年過ごした後、12歳の時に第104期訓練兵団に入団します。

『進撃の巨人』ヒストリアを生かした父ロッド・レイスの思惑

自身にとって不名誉な存在であったはずのヒストリアを、なぜロッドは生かしたのか。そこにはロッドの“ある思惑”が隠されていました。

 

レイス家では代々すべての巨人の頂点に君臨する『始祖の巨人』を継承していました。レイス家は始祖の巨人を保有することによって、王家の威厳、そして自分たちが理想とする平和の在り方を実現していたのです。

 

しかし、ウォール・マリアが巨人の襲撃によって陥落した夜、エレンの父グリシャが始祖の巨人を奪還するためにレイス家を襲撃。その時、始祖の巨人はフリーダが継承していました。

 

しかし、フリーダは巨人の真価を発揮することができず、巨人化したグリシャに捕食され、始祖の巨人もグリシャに奪われることに。

 

さらに、レイス家は巨人化したグリシャに襲われロッドを除いて全員全滅。こうして、ロッドは始祖の巨人の継承者を失ってしまいました。

 

そこでロッドは唯一レイス家の血を引くヒストリアを生かすことで、始祖の巨人の奪還と継承をヒストリアに委ねようと計画したのです。

『進撃の巨人』エレンとともにヒストリアが父ロッドと再会

進撃の巨人

【©諫山創・講談社】

 

それから時は経ち…。ヒストリアはエレンとともに中央第一憲兵のケニーらに拉致され、ロッドのもとに連れられます。

 

久しぶりに再会した父ロッドからヒストリアはショッキングな事実を聞かされます。フリーダを殺したのはエレンの父グリシャだと…。

 

ロッドから真実を聞かされエレンに敵意を向けるヒストリア。続けて、ロッドはヒストリアに巨人となりエレンを捕食することで“ヒストリアに会える”ことを伝えます。

 

自分に唯一優しくしてくれたフリーダと再会するため、ヒストリアは注射を打って巨人化しようとするのですが…。

『進撃の巨人』ヒストリアが巨人化しエレンを捕食しようとするが…

進撃の巨人/ヒストリア

【©諫山創・講談社】

 

巨人になろうとした寸前、ヒストリアはある疑問を持ちます。『なぜレイス家は巨人を支配する力を持ちながら、巨人の脅威を排除して人類を解放しなかったのか』と。

 

その理由は、始祖の巨人の継承者たちが初代レイス王の思想も継承していたからでした。初代レイス王は戦うことを放棄し、人類が巨人に支配される世界を望んでいたのです。

 

祈るしかできないという父に巨人化されそうになる寸前、ヒストリアはユミルの言葉を思い出します。

 

「お前…胸張って生きろよ」

 

すると、ヒストリアは注射器を投げ捨て、父を投げ飛ばし、父の言うなりになることを放棄。

 

父と妾の母の間に生まれ辛い人生を歩んできたヒストリア。またも父の都合のよいように自分が犠牲になって堪るかと、ヒストリアは巨人になることを放棄したのです。

『進撃の巨人』ヒストリアが自らの手で巨人化した父ロッドを殺害

進撃の巨人/ヒストリア

【©諫山創・講談社】

 

ロッドは割れた注射器から流れ出る液体を口にして巨人化。巨人化したロッドは人々がいるオルブド区へと侵攻していきます。

 

調査兵団は巨人化したエレンが巨人化したロッドの口に爆薬を投げ込み、最後にうなじを切り付け巨人を討伐する作戦を計画。

 

エルヴィンに戦闘の参加を止められたヒストリアですが、最後は自らの手で巨人化した父ロッドの暴走を鎮めるのでした。

『進撃の巨人』ヒストリアが壁の中の女王に即位

進撃の巨人/ヒストリア

【©諫山創・講談社】

 

壁内の王であった父ロッドを討伐した後、ヒストリアは新たな女王として即位します。

 

壁内の女王となったヒストリアは、その後孤児院を設立。人民からは親しみを込めて『牛飼いの女神様』と呼ばれるように。

 

孤児や貧困層の人々の面倒を見る優しいヒストリアの姿は、まるでかつてのフリーダのようでした。

『進撃の巨人』ヒストリアがリヴァイを殴る名シーン

進撃の巨人/ヒストリア

【©諫山創・講談社】

 

女王に即位したヒストリアは、リーブス会長の遺言通りリヴァイを殴ることを実行。

 

ヒストリア「ああああ!!」

 

『ボクッ(ヒストリアがリヴァイを殴る)』

 

一同「うおおおお」

 

すると、エルヴィンはなぜか笑いながら「お前らありがとうな」と感謝の言葉を告げるのです。

 

それはエルヴィンが人類のためでなく自分の夢に戦っていたのを知ったこと、そして叔父であるケニーを失ったことにより、リヴァイがある種の喪失感を抱いていたから。

 

リヴァイは自身の喪失感を埋めてくれ、同時に自分を信じてついてきてくれたリヴァイ班に対する感謝の気持ちを表現したのかと思います。

『進撃の巨人』ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)のまとめ

ここまでは『進撃の巨人』の登場人物ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)についてご紹介してきました。

 

レイス家の領主である父ロッドと妾の母親の間に生まれ、悲しい運命を背負ってきたヒストリア。

 

やがて、壁内の女王に即位したヒストリアは、新たな壁内の平和の象徴となるのでした。

関連キーワード
おすすめの記事
TVアニメ「クズの本懐」
テレビアニメ特集
横槍メンゴによる漫画作品「クズの本懐」がTVアニメ化。高校生カップル・安楽岡花火と粟屋麦の純粋ながらも“歪んだ”恋愛ストーリー。監督は「最弱...
映画「昼顔」
予告動画・PV
映画「昼顔」の予告動画をご紹介するページです。映画「昼顔」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!映画「昼顔」の予告動画・...