• 君の名は。 国内映画特集
  • 言の葉の庭 国内映画特集
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン テレビアニメ特集
  • 巫女っちゃけん 国内映画特集
  • 今夜、ロマンス劇場で 国内映画特集
  • フォレスト・ガンプ/一期一会 海外映画特集
  • 世界の中心で、愛を叫ぶ 国内映画特集
  • 映画「昼顔」 国内映画特集
  • モアナと伝説の海 海外映画特集
  • ジャスティスリーグ 海外映画特集
進撃の巨人

『進撃の巨人』に登場するおさげ髪が特徴のミーナ。ストーリー序盤で巨人に捕食されてしまったミーナですが、可愛いルックスで人気の高い女性キャラクターです。ここではミーナについて気になるポイントについてご紹介します。

 

【©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会】

『進撃の巨人』の登場人物ミーナ・カロライナとは

進撃の巨人

【©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会】

 

ミーナ(フルネーム:ミーナ・カロライナ)は第104期訓練兵団の卒業生。トロスト区出身でおさげの髪型が特徴の女性兵士です。(身長、体重は不詳)

 

訓練兵団の解散式後、第104期訓練兵団の仲間たちと食堂で食事をしていた際、ミーナはエレンの言葉に刺激を受け調査兵団への入団を決意します。

 

その後、ウォール・マリアに巨人が侵入し、ミーナはエレンやアルミンら中衛部・訓練兵34班の仲間とともに巨人との初陣(トロスト区攻防戦)に挑みます。

進撃の巨人/ミーナ

【©諫山創・講談社】

 

しかし、巨人にワイヤーを引っ張られ壁に激しく激突。意識が朦朧としているところを目がクリクリとした巨人(通称:おさげイーター)に捕食されミーナは死亡してしまいました。

訓練兵34班のメンバー

  • エレン・イェーガー
  • アルミン・アルレルト
  • トーマス・ワグナー
  • ナック・ティアス
  • ミリウス・ゼルムスキー
  • ミーナ・カロライナ

『進撃の巨人』のファンから可愛いと評判のミーナ

おさげの髪型が特徴的な可愛らしいミーナ。登場シーンこそ少なかったミーナですが、『進撃の巨人』のファンの方にはミーナ推しの方も多いようです。

Gaku
進撃の巨人は、おさげのかわいいミーナがピュアな瞳の巨人に喰われたところで見るのをやめた
わたあめ
進撃の巨人おもろいー久しぶりにアニメ見初めたけど、かわいいなーと思ったミーナがすぐに食われてショック(|| ゜Д゜)
ぱんじゃんどらむ
アサイチで『進撃の巨人』を観て思いっきり鬱に。おさげがかわいいミーナちゃんが…

『進撃の巨人』ミーナの名言「自分は豚小屋出身!家畜以下であります!」

ストーリー序盤に巨人(おさげイーター)に捕食され命を落としてしまったミーナですが、限られた登場シーンで名言を残していました。それが以下のセリフ。

 

「自分は豚小屋出身!家畜以下であります!」

 

これはミーナが第104期訓練兵団の教官キースに恫喝され、半ば強引に言わされたセリフです。

 

一部ネット上では、このミーナのセリフについて「自分は家畜以下のメス豚であります!」というとんでもないセリフで広まり、『進撃の巨人』内での名言・名セリフの一つとなっています。

『進撃の巨人』ミーナとアニの親友説について

あまり人に関心を示さないアニですが、もしかしたらミーナとは親友だったのではないかという噂が広まりました。

 

それは食堂でエレンとジャンが喧嘩をするシーンでのこと。この時、アニのすぐ隣にミーナの姿がありました。

 

他人に関心を示さないアニがミーナの近くにいたということで、ミーナとアニの親友説が浮上したのです。

 

しかしながら、アニとミーナが親友だった根拠となるシーンはほかになく、2人が親友だったと言い切るのは難しいとされています。

関連キーワード
おすすめの記事
リメンバー・ミー
海外映画特集
2018年公開のディズニー/ピクサーによるアニメーション映画「リメンバー・ミー」。死者の国へ迷い込んだ少年ミゲルが、そこで出会ったヘクターら...
映画「銀魂」
国内映画特集
空知英秋原作による大ヒット漫画「銀魂」が、俳優の小栗旬主演で実写映画化。かぶき町に横行する謎の『辻斬り事件』。その陰にはかつての盟友・高杉晋...