2018年2月15日にドラマ「BG 身辺警護人」第5話が放送されました。6年前、章がボディーガードをやめた理由とは…。そして、元サッカー選手・河野純也との因縁とは…。章の過去が明らかに!ここでは、ドラマ「BG 身辺警護人」第5話のあらすじとストーリーをご紹介します。

 

【(C)tv asahi】

ドラマ「BG 身辺警護人」第5話のあらすじ

BG 身辺警護人

【(C)tv asahi】

 

章ら日ノ出警備保障・身辺警護課に新しい警護の依頼が入る。その依頼主とは章と6年前から因縁がある元プロサッカー選手の河野純也だった。

 

高梨は“ある思惑”を持って章を河野のボディーガードに推薦。一度は断った章だったが、ある決意を持って河野のボディーガードを引き受けることに。

 

章と高梨が河野を空港へ送り届けるなか“ある疑惑”が浮上。河野は犯罪を逃れるために国外逃亡を図ろうとしていたのだ。

 

6年前から続く章と河野の因縁とは…。そして、章はなぜ一度ボディーガードを辞めたのか…。全ての過去が明らかに!

ドラマ「BG 身辺警護人」第5話の登場人物

ドラマ「BG 身辺警護人」

【(C)tv asahi】

 

島崎章 木村拓哉
落合義明 江口洋介
高梨雅也 斎藤工
菅沼まゆ 菜々緒
沢口正太郎 間宮祥太朗
立原愛子 石田ゆり子
村田五郎 上川隆也
今関重信 永島敏行
氷川修 宇梶剛士
清田春孝 阿部進之介
田中奏生
河野純也 満島真之介

ドラマ「BG 身辺警護人」第5話ストーリー解説※ネタバレ

BG 身辺警護人

【(C)tv asahi】

新しい警護の依頼主に複雑な表情を浮かべる章

日ノ出警備保障・身辺警護課に新しい依頼が入る。それはスポーツ系の慈善団体“ピュアネス基金”の代表者からのものだった。

 

それを知った高梨は“ある思惑”を持って章をボディーガードに推薦。しかし、依頼主を知った章は複雑な表情を浮かべながら自分ではなく沢口をボディーガードに推薦する。

 

実は、その依頼主とは章が6年前から因縁があった元プロサッカー選手の河野純也だったのだ。

章が6年前にボディーガードをやめた理由

警護の打ち合わせのために村田、高梨、沢口が河野の滞在先ホテルへ向かう。依頼内容はミラノで開催されるチャリティーオークションに出品する品を空港まで運ぶため警護して欲しいというものだった。

 

すると、そこで河野は自分のボディーガードに章を指名。事務所へ戻った村田は章に河野が指名していることを伝えた。

 

それを聞いた章は複雑な表情を浮かべる。事情を察した村田が「もし気が進まないなら降りてもいい」と伝えると、章は意を決したように口を開く。

 

「黙っていてすみません…僕は6年前まで河野選手ボディーガードでした…」

 

6年前、河野がイタリアへ旅立つため章は空港で警護をしていた。その時に天井の骨組みが破損し落下。章は咄嗟に視線に入った2人の子供を助けるために河野のもとを離れてしまい、その間に天井の骨組みが河野に落下。

 

その時に負った怪我により、河野は現役を引退することとなってしまった。

 

章は依頼人である河野の側を自分が離れてしまい、結果的に河野を守れなかったことについてボディーガードとしての責任を感じていた。

河野純也を空港へ送り届ける途中“ある疑惑”が浮上

章と高梨が河野を空港へ送り届けている途中で“ある疑惑”が浮上する。高梨は河野にミラノ行きの本当の目的について追求し始めた。

 

すると、河野はチャリティで集めた金は子供たちのために使われていないと告白。河野のバックには闇組織がおり、チャリティで集めた金は全て私的流用目的で使用されていた。

 

そして、河野は広告塔としてその組織に加担。不正がバレる前に国外逃亡を図っていたのだ。

 

そのことを知った章は河野に自分がボディーガードとして守れなかったことを謝罪しつつ、国外逃亡を図ろうとする河野を制止。そこに村田たちも駆けつけ、河野に出頭するよう勧めた。

 

すると、河野はケジメをつけるために章にだけ付き合ってほしいと、バックについている白石のもとへと向かった。白石は逮捕歴もある危険な人物だった。

河野とともに白石の事務所に向かう章だったが…

河野は章に付き添われ白石が待つビルの中へ。すると、河野は章が自分達に警察へ出頭するよう勧めていると白石に話し始め、章を裏切り始める。

 

「なんとでもしてください。俺こいつ許せないんで。」すると、白石の用心棒たちが章に襲いかかり、章は袋叩きに。

 

一方、その頃河野が滞在していたホテルの部屋からはチャリティ基金の私的流用の証拠が押収されていた。実は、白石は全ての罪を河野に被せようとしていたのだ。

 

章は河野に「あなたは騙されています」と呟き、白石たちの隙をついて河野トビルから逃げ出した。

ドラマ「BG 身辺警護人」第5話の結末

章が河野を連れビルから出ると、そこに身辺警護課の仲間たちが乗った車が駆けつけ、なんとか白石のもとから逃走する。

 

その後、村田は河野にパトロンであった白石は最終的には全ての罪を河野に被せようとしていたのだと説明。河野はその事実にショックを受ける。

 

ショックを受けた河野は突如どこかへと走り始め、章もその後を追う。河野は少年たちがサッカーをするコートの傍らのベンチに座っていた。

 

「そろそろタイムアップかな…」と河野が呟くと、そこに警察がやってくる。

 

警察に連行される河野は章を振り返り本心を打ち明ける。

 

「あの事故で怪我をしたから俺はダメになったんじゃない。本当は海外で活躍できないのが怖くて、怪我を言い訳に引退した。俺は自分の恐怖心に勝てなかっただけだ。だから俺の元を離れて子供たちを助けたのは間違いじゃない。」

 

6年前、河野を守ることができなかったことに責任を感じていた章は、その言葉に涙を流す。

 

「最後まで送ってくれてありがとな…じゃあな、ザッキー。」

 

章は連行されていく河野を見送った。

ドラマ「BG 身辺警護人」の関連記事

関連キーワード
おすすめの記事