美の追求にとらわれ全身整形を繰り返す主人公を描いた映画「ヘルタースケルター」。映画「ヘルタースケルター」は2012年に公開され、主人公りりこを演じる沢尻エリカと窪塚洋介の濡れ場などで話題となりました。ここでは、映画「ヘルタースケルター」のあらすじ・キャスト・登場人物とラストシーンの内容について一挙にご紹介します!

 

【©2012 映画「ヘルタースケルター」制作委員会】

映画「ヘルタースケルター」あらすじ・予告動画

 

ヘルタースケルターの主人公“りりこ”は、若い女の子がなりたい顔NO.1の人気モデル。ファッション誌やCMなどに出演し、りりこが紹介するものは何でも流行する。

 

ある日、りりこが撮影の合間に鏡で自分の顔を見ていると、額部分にアザができていることに気づく。りりこの美貌は全て“造りもの”だったのだ…。

 

りりこの異変に気づいたスタイリストの沢鍋錦二は、りりこの所属事務所社長の多田にりりこのアザについて相談する。多田は、沢鍋に『りりこの目と耳と爪と性器以外は全部造りもの』であると告げる。

 

若者から絶大な人気を誇るりりこの美貌は、度重なる全身整形による全て“造りもの”だったのだ。りりこは、自分の造られた美貌が崩れれば人気がなくなり皆に忘れられることに異常な恐怖を覚える…。

ヘルタースケルターのキャスト・登場人物紹介

ヘルタースケルター

【出典:amazon

 

映画「ヘルタースケルター」の主人公“りりこ”役を演じたのが、女優・モデルの沢尻エリカさんです。そのほか、映画「ヘルタースケルター」の登場人物を豪華俳優陣が演じています。

りりこ(演:沢尻エリカ)

ヘルタースケルターの主人公。若者から絶大な人気を誇るトップモデル。しかし、りりこの美貌は全て全身整形による造りものであった…。

多田寛子(演:桃井かおり)

りりこが所属するモデル事務所の社長。りりこをトップモデルにすべく、全身整形を繰り返し行わせる。りりこからは「ママ」と呼ばれている。

羽田美知子(演:寺島しのぶ)

りりこのマネージャー。りりこから扱き使われているが公私にわたって献身的にサポートする。プライベートでは奥村伸一という恋人がいる。

南部貴男(演:窪塚洋介)

大企業の社長を父にもつ御曹司。りりこの彼氏。りりこに隠れて政治家令嬢の女性と付き合っている。

沢鍋錦二(演:新井浩文)

りりこのメイクを担当しているオネエのスタイリスト。りりこの全身整形の事実を知る数少ない人物の1人。りりこの良き理解者で麻田から取り調べを受けた時に「彼女は私の誇りよ」と語っている。

浜口幹男(演:哀川翔)

映画プロデューサー。りりこが仕事を取るために枕営業をしている。

吉川こずえ(演:水原希子)

りりこの事務所の新人モデル。全身整形のりりこに対して天然の美しさをもつ。当初りりこと共演することがあったが、徐々にりりこの座を奪っていく。

奥村伸一(演:綾野剛)

りりこのマネージャー羽田美知子の恋人。羽田の自宅で同棲しており完全なるヒモ男。りりこに誘惑され羽田の前でりりこと寝る。

和智久子(演:原田美枝子)

りりこが通う美容クリニックの院長。違法な整形手術を行っており、患者の多くが術後の苦痛から免疫抑制剤を飲み続けなければならなくなる。そのほか、脱税や賄賂などの容疑がかかっている。

麻田誠(演:大森南朋)

りりこが通っている美容クリニックの違法治療の実態を捜査している刑事。りりこのことを「タイガー・リリー」と呼び、難航する美容クリニックの捜査に『ジョーカー』として利用しようとしている。

保須田久美(演:鈴木杏)

麻田の同僚刑事。

ヘルタースケルターのあらすじをストーリーに沿って解説

ヘルタースケルター

【出典:amazon

若者から人気のトップモデルりりこの秘密

世間の若い女の子は、みんな自分を可愛く見せるためだったら化粧やプリクラで自分を偽ることに躊躇しない。そんな若者からりりこは絶大な人気を集めていた。

 

りりこは若者向けファッション誌で表紙を飾るほどのトップモデル。彼女を起用すれば若い女の子に何でも売れていた。

 

『女子がないたい顔NO.1』と言われるまでのりりこの美貌。しかし、それは全て“造りもの”だった…。

りりこの額にアザが見つかる…

その日も、りりこは撮影のために現場へ向かっていた。すると、スタイリストの沢鍋がりりこの体にできたアザに気づく。

 

りりこを心配した沢鍋は事務所社長の多田に相談した。すると、多田は『りりこの目と耳と爪と性器以外は全部造りもの』であることを明かす。

 

その頃、りりこは体の不調を感じ始めていた。また、マネージャーの羽田にも愛撫を強要するなど異常な精神状況となっていた。

徐々に崩れていく“造りもの”のりりこ

りりこは、新たに整形手術を行うために美容クリニックへ訪れていた。実は、その美容クリニックは違法手術を行っており、そのほか脱税や賄賂などの容疑がかかっていた。

 

その頃、りりこが通う美容クリニックの不正運営疑惑について刑事の麻田が捜査を行っていた。麻田は美容クリニックの捜査のジョーカーとして、りりこを利用しようと接近する。

 

りりこの異常な行動は日に日に増していき、マネージャーの羽田も庇いきれなくなっていた。ある日、羽田はりりこの“過去の姿”を知りマスコミにリークする。

トップモデルりりこの“終わり”

羽田のリークにより、りりこの元に取材班が押し寄せる。そして、りりこの全身整形や過去の姿について報道された。

 

『女子がないたい顔NO.1』とまで言われていたりりこの人気。りりこに憧れていた女の子達は、今やりりこをネットで誹謗中傷することに余念がない。

 

追いつめられたりりこは記者会見をすることになった。そして、狂ったりりこは記者会見の場で自分の右目をナイフで刺した。

ヘルタースケルターの結末内容とラストシーン(※ネタバレ)

最後に、ヘルタースケルターの結末内容とラストシーンについてご紹介します。映画「ヘルタースケルター」のネタバレを含みますので、また観ていない方はご注意を!

 

全身整形の事実が世間に広まったりりこは、記者会見で右目を刺した後に姿を表舞台を去ることになります。その代わり、りりこが出演していたファッション誌やCMには後輩のこずえが出演するようになっていました。

 

ある日、撮影を終えたこずえはスタッフに誘われ打ち上げに参加します。そこは、狂気じみたショークラブでした。

 

すると、こずえはその店でりりこのマネージャーだった羽田を見つけます。こずえが気になり羽田の後を追うと、そこには右目に眼帯をつけた変わり果てたりりこの姿がありました…。

 

かつての美貌を失ったりりこでしたが、今もなお“見世物”として注目を集める存在であり続けていたのです。

ヘルタースケルターの関連記事

おすすめの記事