元EXILEのリーダーで現LDHの社長・HIROがプロデュースする総合エンタテインメントプロジェクト『HiGH&LOW(ハイアンドロー)』。ここではHiGH&LOWに登場するチームのなかから、“無慈悲なる街の亡霊” RUDE BOYS(ルードボーイズ)をご紹介!RUDE BOYS(ルードボーイズ)のメンバーやキャスト、テーマ曲についてご紹介します。

 

【(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会】

HiGH&LOWに登場するチームRUDE BOYS(ルードボーイズ)

ハイアンドロー

【(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会】

 

HiGH&LOWの物語の舞台となるのがSWORD地区。現SWORD地区はかつて“伝説のチーム”と呼ばれたムゲンが支配をしていましたが、ある事件をきっかけにムゲンが解散。その後、5つのチームが台頭しそれぞれの頭文字を取って“SWORD地区”と呼ばれるようになります。

 

そのSWORD地区の1つ『無名街』を守っているのが、RUDE BOYS(ルードボーイズ)というチーム。RUDE BOYS(ルードボーイズ)は身寄りのない無名街の孤児によって結成。侵入者を一瞬で始末してしまうことから、別名“無慈悲なる町の亡霊”と呼ばれています。(『RUDE BOYS』の意味は直訳すると“無慈悲な少年たち”)

 

血のつながりはないも家族以上の絆によって結ばれているRUDE BOYS(ルードボーイズ)のメンバー。敵との戦闘時には身軽な動きからアクロバティックな攻撃を展開させます。

RUDE BOYS(ルードボーイズ)はSWORDの“R”

HiGH&LOW(ハイアンドロー)

【出典:amazon

 

琥珀(AKIRA)が率いていた“伝説のチーム”ムゲンが解散。その後、ムゲンが支配していた地域は空白地帯となります。

 

その後、それまでムゲンが支配していた地域に『山王連合会』『White Rascals』『鬼邪高校』『RUDE BOYS』『達麿一家』という5つのチームが台頭。それぞれのチーム頭文字をとって、その地域は“SWORD地区”と呼ばれるようになります。

 

RUDE BOYS(ルードボーイズ)はSWORDの“R”。RUDE BOYSのメンバーは無名街に親から捨てられた孤児たちによって結成されました。

RUDE BOYS(ルードボーイズ)のメンバー・キャスト紹介

RUDE BOYS(ルードボーイズ)
【(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会】

RUDE BOYS(ルードボーイズ)の主なメンバー

スモーキー(窪田正孝)

RUDE BOYS(ルードボーイズ)のリーダー。無名街に侵入する者を許さず、RUDE BOYSのメンバーや無名街の住民たちを守るべく先頭になって戦う。ある原因から病気を患っている。

シオン(永瀬匡)

RUDE BOYS(ルードボーイズ)の幹部。メンバーに黙って九龍グループの家村会と繋がり、危険ドラッグ『レッドラム』の製造に加担したことにより無名街を去ることに。しかし、それはスモーキーを誰よりも心配するシオンが、スモーキーを医者に診せるために金をつくるためだった。

タケシ(佐野玲於)

アクロバティックな攻撃を得意とするRUDE BOYS(ルードボーイズ)のメンバー。その攻撃力はもちろん、戦闘時の冷静さや洞察力も兼ね備えており、RUDE BOYSの次期リーダーと目されている。幼い頃から面倒を見てくれたスモーキーを兄のように慕っている。

ピー(ZEN)

赤紙とバンダナがトレードマークのRUDE BOYS(ルードボーイズ)のメンバー。チームの中でも随一の身軽さで、敵対する相手に多彩な攻撃を繰り出す。小さい頃にピーピーと泣き虫だったことから『ピー』と呼ばれている。

ユウ(佐野岳)

無名街に流れ着いた余所者。その後、RUDE BOYS(ルードボーイズ)にメンバーとして加わる。

RUDE BOYSに関係する無名街の住民

ララ(藤井夏恋)

藤井夏恋
【出典:amazon

 

スモーキーの妹。スモーキーと同じ日に無名街に親から捨てられていたところをスモーキーに拾われ、兄妹として生きることに。無名街の住民に優しく接する。

エリ(鈴木梨央)

鈴木梨央
【出典:amazon

 

『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』より登場。自分が持っていたお守りをスモーキーにあげようとするなど優しい少女。スモーキーと同じような咳をしており、『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』では九龍グループの陰謀を明かす際にキーとなる存在となった。

RUDE BOYS(ルードボーイズ)のテーマ曲『RUN THIS TOWN』

 

EXILE TRIBEが贈る“総合エンタテインメントプロジェクト”であるHiGH&LOWシリーズ。劇中では各チームを象徴するテーマ曲が使用され疾走感や躍動感を与えています。

 

RUDE BOYS(ルードボーイズ)のテーマ曲として使用されているのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEの楽曲『RUN THIS TOWN』。無名街でスピーディーかつアクロバティックな攻撃を繰り出すRUDE BOYSのイメージにぴったりの疾走感溢れるアップチューンが楽曲となっています。

RUDE BOYS(ルードボーイズ)の衣装について

ハイアンドロー

【出典:amazon

 

HiGH&LOWシリーズでは各チームの特徴ごとに異なる衣装が起用され、こちらも作品ファンから注目される要素となりました。

 

RUDE BOYS(ルードボーイズ)のメンバーたちはミリタリー系の衣装を着用。

 

窪田正孝が演じるスモーキーについては「米軍M-65」と呼ばれるモッズコートを衣装として着用しています。

SEKAINOOWARI

【出典:amazon

 

また、4人組バンド『SEKAI NO OWARI』も度々モッズコートを着用していますが、こちらもRUDE BOYSと同じく「米軍M-65」というシリーズを着用しています。

RUDE BOYS(ルードボーイズ)のロゴマーク

rudeboys
HiGH&LOWシリーズでは各チームのグッズも販売されファンの間で人気となっています。

 

RUDE BOYS(ルードボーイズ)ではRUDEの“R”とBOYSの“B”をフィーチャーしたロゴマークをグッズに起用。

 

RとBが背中合わせとなり、RUDE BOYSを象徴するような無骨感を漂わせたロゴマークとなっています。

 

『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』スモーキーの病気の原因が明らかに

HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION

【(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会】

 

HiGH&LOWシリーズ内では度々咳き込むスモーキーの姿が映し出され、ストーリー・シリーズ展開における附箋となっていました。

 

しかし、なかなかスモーキーの病気について明らかにされず、その原因について早く知りたいと焦れったい思いをされていた方もいたかと思います。

 

そのスモーキーの病気の真相が2017年11月に公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』で明らかになりました。

 

『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』ではSWORD地区を潰しカジノを建設しようとする九龍グループとG-SWORDが死闘を展開。そこで九龍グループと政府が隠蔽しようとしている真相が明らかに。

 

無名街を爆破し、そこにカジノを建設しようとする九龍グループ。かつて、九龍グループは政府とグルとなり無名街の地下で薬品を製造していました。

 

カジノ建設および無名街の爆破は、かつての政府主導で行われた薬品製造を隠蔽するためのもの。実は、スモーキーの病気はその薬品の公害によるものだったのです。(スモーキーの目が濁っていたのも薬品の公害によるもの)

 

スモーキーは1人で無名街を爆破しようとする九龍グループに戦いを挑み命を失うことに。しかし、その後琥珀たちが集めた不正の証拠とスモーキーと同じ咳をするエリの存在によって九龍グループの陰謀は阻止されることとなりました。

【HiGH&LOW】RUDE BOYS(ルードボーイズ)のまとめ

ここまではHiGH&LOW(ハイアンドロー)シリーズより、無慈悲なる町の亡霊”ことRUDE BOYS(ルードボーイズ)についてご紹介してきました。

 

ぜひ、この機会にHiGH&LOW(ハイアンドロー)シリーズの作品をお楽しみください。

HiGH&LOW(ハイアンドロー)の関連記事

おすすめの記事