2018年2月16日にドラマ「ホリデイラブ」第4話が放送されました。「純平と会いたい」という本心に気づいた杏寿は、純平の元に向かい「帰ってきてほしい」と伝える。里奈との浮気を後悔し続けていた純平も改めて謝罪の意を示し、東京の自宅へと戻ってくることに。一方、渡は自宅で純平と同じ勤務先が記された里奈の給与明細を発見。今もなお里奈と純平が会っていることを知った渡は怒り狂い、不倫の全てを明らかにするために純平と杏寿を自宅に呼び出す。しかし、それは全て執念深く純平の自分のモノにしようとする杏寿の計画で…。ここでは、ドラマ「ホリデイラブ」第4話のあらすじとストーリーをご紹介します。

 

【(C)tv asahi】

ドラマ「ホリデイラブ」第4話のあらすじ

ドラマ「ホリデイラブ」

【(C)tv asahi】

 

黒井からの甘い誘いに一瞬心を奪われそうになった杏寿。しかし、寸前のところで純平の顔を思い出し、ホテルの部屋を後にする。

 

一度は純平を家から追い出した杏寿だったが、『純平と会いたい』という本心に気づいた杏寿は純平の単身赴任先の静岡へ。純平と再会した杏寿は純平に帰ってきてほしいと伝える。

 

そんな杏寿だったが黒井との浮気に罪悪感を感じており、そのことを親友の春田に相談。すると、そこで杏寿が会っていた黒井は偽物で正体不明の人物であることが発覚する。

 

その頃、渡は里奈が純平と同じ会社に勤めていて今もなお2人が会っていたことを知り激怒。渡が純平と杏寿を自宅に呼び出し、2つの夫婦が対峙することに。

 

しかし、それは全て純平を手に入れるための里奈の計画だったのだ…。

ドラマ「ホリデイラブ」第4話の登場人物

ドラマ「ホリデイラブ」

【(C)tv asahi】

 

高森杏寿 仲里依紗
高森純平 塚本高史
井筒渡 中村倫也
井筒里奈 松本まりか
黒井由伸 山田裕貴
小泉駿 飯島寛騎
一ノ瀬真人 岡田龍太郎
坂口麗華 壇蜜
春田龍馬 平岡祐太

ドラマ「ホリデイラブ」第4話ストーリー解説※ネタバレ

ドラマ「ホリデイラブ」

【(C)tv asahi】

黒井の甘い誘いに心奪われそうになった杏寿だったが…

黒井の甘い誘いに一瞬我を忘れてしまった杏寿。しかし、ギリギリのところで純平の顔を思い出し自制心を取り戻す。

 

『自分がこういう状況になった今、純平を責める資格はない…』

 

杏寿は黒井に「ごめんなさい」と言葉を残しホテルの部屋を後にした。

 

ホテルを飛び出した杏寿は、本心では純平に会いたいことに気づく。

 

その頃、ホテルの部屋に残された黒井は怪しい動きを見せ…。

純平に帰ってきて欲しいと伝える杏寿

杏寿は単身赴任先の静岡にいる純平の元へと向かった。

 

一度は家から追い出した純平に「家に帰ってきてくれませんか…。純平ともう一度やり直したい」と伝える杏寿。純平も杏寿の言葉に「ありがとう」と答え杏寿を抱きしめる。

 

また、里奈の夫・渡から会社を辞職するよう迫られ両親の病気を理由に辞職届けを出していた純平だったが、会社の計らいで自宅がある東京本社へ異動することとなった。

 

純平が「もう隠し事はしない」と誓う一方で、杏寿は先日の黒井とのことを後悔していた。

黒井との浮気を後悔していた杏寿は…

黒井との浮気を後悔していた杏寿はそのことについて親友の春田に打ち明ける。

 

杏寿は黒井との浮気を純平に黙っていることに心苦しさを感じていたが、春田は「正直に話すことだけが誠意ではない」と杏寿を諭す。

 

さらに杏寿が浮気相手について同業者であると伝えると、春田から思いがけず“黒井”の名前が出る。

 

しかし、春田が写真で見せた美容会社の経営者・黒井は杏寿が会っていた“黒井”とは全くの別人だったのだ。

 

その後、杏寿が会っていた美容会社の経営者を名乗る“黒井”は偽物で、正体不明の男であることが判明。

 

黒井の正体について調べようと杏寿が麗華のスピリチュアルアプリを開くも、すでに黒井は退会済みとなっていた。

渡が里奈と純平が会っていたことを知り…

一方、井筒家では里奈が渡に純平との浮気について改めて謝罪をしていた。

 

里奈の改心を聞いてほっとした渡は、純平について「あいつ左遷らしいぞ」と話し始める。

 

その渡の言葉に里奈は「どちらかというと栄転よ…」と呟く。

 

里奈の言葉に渡は「なぜお前が知っている…あの男とまだ連絡を取っているのか!?」と迫り、家中を捜索。すると、引き出しから純平の勤務先である「熊弥組」の給与明細が見つかり、初めて渡は里奈が純平の会社でパートをしていたことを知る。

 

自分が知らないところで今も純平と里奈が会っていたことを知った渡は怒り狂い、純平と杏寿を自宅に呼び出すことに。

 

しかし、全ては里奈が仕組んだことだった…。

ドラマ「ホリデイラブ」第4話の結末

杏寿と純平。そして、渡と里奈。2つの夫婦は顔を合わせて対峙することに。

 

渡は里奈と純平に今までの不倫の経緯を全て話すよう迫る。里奈は純平との関係を本気だったと言うが、一方で純平はあくまで魔が差しただけだと説明する。

 

2人の言い分が食い違い、渡の怒りはさらに増していく。

 

そんな状況を見かねて、杏寿は純平と席をたち、全ての罪を自分たちが認めたフリをして終わらせようと純平を説得。その後、純平は浮気について全面的に自分が悪かったと謝罪し、渡に慰謝料200万円を払うと宣言した。

 

純平が罪を全面的に認めたことに満足した渡は慰謝料の振込先が書かれたメモを放ち、「話は終わりだ。帰れ。」と純平と杏寿を帰そうとする。

 

すると、杏寿は「私も奥さんに慰謝料を請求したいと思います」と、突然里奈に慰謝料を請求。杏寿は渡が純平に傷つけられたように、自分も里奈にボロボロに傷つけられたと訴えた。

 

杏寿は渡への慰謝料200万円から里奈への慰謝料請求分100万円を差し引いた100万円を高森家からの慰謝料として井筒家に支払うと説明。

 

しかし、渡は今後別れるかもしれない里奈の分まで自分が負担する気はないと断り、杏寿は「でしたら、奥様ご本人に請求致します」と伝えた。

 

杏寿と純平は離婚する気がないという意思を示し井筒家を後にする。

 

一方、純平と杏寿を引き離そうとしていた杏寿は戸惑いの表情を浮かべ…。

 

杏寿と純平が井筒家を出た後、渡は里奈に今後について話し始めようとする。すると、里奈は「いえ、話し合いなんていらないわ。私はあなたとやり直す気はありません。」と言い放ち、純平たちの後を追い始める。

 

純平と杏寿を引き留めた里奈は「実は話し合いが終わったら見せたいと思っていたものがあるんです。」と自分の携帯を取り出し“ある写真”を見せ始める。

 

そこに収められていたのは杏寿と黒井の浮気現場の証拠画像だった…。

ドラマ「ホリデイラブ」の関連記事

関連キーワード
おすすめの記事