漫画家・紡木たくの少女漫画が原作の映画「ホットロード」。ヒロイン・和希の恋人・春山洋志役に、三代目 J Soul Brothersの登坂広臣さんが出演。劇中での男らしいセリフの数々に、女性ファンから大きな話題となりました。ここでは、映画「ホットロード」での春山(演:登坂広臣)の名言・名セリフをご紹介します!

 

【出典:映画「ホットロード」公式Twitter

ホットロードのあらすじ

 

「ホットロード」は、孤独を抱える少女・和希と暴走族の非行少年・春山の激しくも切ない恋を描いたストーリー。

 

和希は父親を幼い頃に亡くし母と2人で暮らしている。母は高校時代からの恋人と会うためにほとんど家にいず、思春期の和希は孤独を抱えていた。

 

そんなある日、和希は横浜からの転校生・絵里に先輩を紹介されることに。向かったのは、湘南の暴走族『NIGHTS』の集会だった。そこで和希は春山という青年と出会う。

 

お互いに初印象は最悪だったが、その後も顔を合わせる度に惹かれ合っていく2人。和希は「こんなに誰かを大事なんて思ったことない」と春山を愛した。

 

そんなある日、春山は高熱を出しながら敵対する暴走族との抗争へ向かった。しかし、その途中に交通事故に遭い意識不明の重体となってしまう…。

ホットロードに登場する春山洋志について

ホットロード

【出典:映画「ホットロード」公式Twitter

 

ホットロードに和希の恋人役として登場するのが、16歳の青年・春山洋志です。

 

春山は湘南の暴走族『NIGHTS』のメンバーの1人。6代目総頭のトオルからNIGHTSを引継ぎ、7代目総頭に昇格します。

 

両親が離婚した後、新しくやってきた父と反りが合わず、現在はガソリンスタンドでアルバイトをしながら1人暮らしをしています。

 

NIGHTSの集会に絵里が連れてきた和希と会うも初印象は最悪。しかし、複雑な家庭環境の和希を放っておけず、いつしか和希に惹かれていきます。

 

映画「ホットロード」では、春山役を三代目 J Soul Brothersの登坂広臣さんが演じています。

ホットロードの春山洋志の名言・名セリフ6選

ホットロード

【出典:amazon

 

和希と春山の激しくも切ない恋を描いた映画「ホットロード」。映画「ホットロード」でストーリーとともに話題になったのが、三代目JSBのボーカル・登坂広臣さん演じる春山の名言・名セリフ!

 

和希に向けた春山の男らしい言葉に、原作ファンはもちろん登坂広臣さんのファンからも注目が集まりました。ここでは、映画「ホットロード」に登場する春山の名言・名セリフについてご紹介します!

「お前、俺の女にならない?」

和希を自宅マンションに送り届けた春山が別れ際に呟いたセリフ。

 

和希がマンションへ入ろうとすると、春山は後ろから和希を追いかけ「お前、俺の女にならない?」と言葉をかけます。

 

しかし、和希は春山と出会って間もないし、春山が失恋したばかりであることを知っていたため、あまり良くは思わないのでした。

「しょうがねぇから、一緒に住む?」

家出をしていた和希に春山が向けた言葉。

 

ある日、和希は母と口論に。家出をしていた和希は、春山の計らいでトオルの彼女・宏子(ヒロコ)の家に身を置いていました。

 

しかし、事情によりヒロコの家を出ていかなければならなくなります。再び行き場を失った和希に、春山は「しょうがねぇから、一緒に住む?」とぶっきらぼうに声をかけました。

「おばさん。こいつのこと嫌いなの?もしそうなら俺がもらってっちゃうよ?」

春山が和希の母親に向けて放った言葉。

 

家出をしていた和希は久しぶりに母の元へ帰ります。そして、母から愛情を感じられない和希は「私生まれて良かったの?」と母に問います。

 

そこには心配していた春山もいました。和希の質問になかなか返事を返さない和希の母に対して、春山は「おばさん。こいつのこと嫌いなの?もしそうなら俺がもらってっちゃうよ?」と声をかけます。

 

春山の言葉を聞いた和希の母は、「あげないわよ!親が自分の子供嫌いな訳ないじゃないの!生んで良かったに決まってる!」と応え、それを聞いた春山は和希を母の元へ返したのでした。

「俺がいなきゃ何もできねぇような女になるな!俺のことなんかいつでも捨てれる女になれ!そんでも俺が追っかけてくような女になれ!」

NIGHTSの7代目総頭に昇格することになった春山。その頃、敵対する『漠統』との抗争が激化していました。

 

ある日のNIGHTSの集会で、和希は「今度こそ誰か死ぬ」という言葉を耳にします。春山の身を案じた和希は「行かないで!」「こんなに誰かを大事なんて思ったことない」と訴えます。

 

しかし、総頭となった春山はバックレる訳にはいきませんでした。自分を心配してくれる和希に、春山は敢えて突き放すような言葉を放ちます。

「あいつは俺とは全然違うんだよ。すげぇ奇麗なんだよ、中身が。」

漠統との抗争を控えていた春山が仲間のリチャードとの会話で呟いたセリフ。

 

春山は和希と出会うまでに散々の悪さをしてきていました。そんな自分を心配してくれる和希の透明で優しい気持ちに、春山は「あいつは俺とは全然違うんだよ。すげぇ奇麗なんだよ、中身が。」と呟くのでした。

 

このセリフは原作にも登場し、当時の原作ファンの間でも話題となったセリフです。

「これ終わったら、もう心配かけないから。俺が、止めてくるから…。」

抗争へ向かう直前に、抱きかかえていた猫を見つめながら春山が呟いたセリフ。

 

和希が心配する中、漠統との抗争へ向かうことを決意した春山。しかし、同時に和希にもう心配をかけたくないと思っていました。

 

孤独に抱える和希を1人にはしたくないからこそ、春山は『もうこれで終わりにしよう』と考えていたのでした。

ホットロードでの春山のセリフに女性ファンも悶絶状態!

ホットロードに登場する春山の不器用ながらも和希への愛が詰まった名言・名セリフに、多くの読者・視聴者が心を動かされました。

 

また、映画「ホットロード」で春山を演じる登坂広臣さんのセリフシーンに、多くの女性ファンが悶絶状態に。

是非、気になる方は一度作品をご覧になってみてくださいね!

ホットロードの関連記事

関連キーワード
おすすめの記事