2018年2月6日にドラマ「きみが心に棲みついた」第4話が放送されました。星名が命じた通り下着姿でランウェイを歩いた翌日、今日子は星名から企画が通ったらデートをするという約束を取りつけ生地探しに奔走し始める。一方、今日子の異変を心配する吉崎は次第に今日子が気になる存在であることに気づき始め…。ここでは、ドラマ「きみが心に棲みついた」第4話のあらすじとストーリーについてご紹介します。

 

【(C)Tokyo Broadcasting System Television, Inc.】

ドラマ「きみが心に棲みついた」第4話のあらすじ

ドラマ「きみが心に棲みついた」

【(C)Tokyo Broadcasting System Television, Inc.】

 

星名が命じた通り、下着姿でランウェイを歩いた今日子。翌日、星名から思いがけず優しい言葉をかけてもらい、その勢いで企画が通ったらデートをするという約束を取付ける。

 

生地探しに励む今日子だったが、相変わらず八木からは厳しいダメ出しの連続。そんな折、社内で試作品発表会議が行われることになり今日子は条件に合った生地探しに奔走し始める。

 

一方、吉崎は最近ずっと様子がおかしいことに今日子について心配していた。漫画家のスズキからの「完全にハマってるじゃないですか!」の一言に、吉崎は自分が今日子へ抱いている気持ちに気づき始める。

 

その頃、今日子は希望の生地を作ってもらえる繊維会社探しに苦戦。さらには、星名が自分をプロジェクトの担当から外そうとしていることを耳にしてしまい…。

ドラマ「きみが心に棲みついた」第4話の登場人物

ドラマ「きみが心に棲みついた」

【(C)Tokyo Broadcasting System Television, Inc.】

 

小川今日子 吉岡里帆
吉崎幸次郎 桐谷健太
星名漣 向井理
飯田彩香 石橋杏奈
成川映美 中村アン
スズキ次郎 ムロツヨシ
八木泉 鈴木紗理奈
堀田麻衣子 瀬戸朝香
白崎達夫 長谷川朝晴
為末れいか 田中真琴
稲垣栞里 周本絵梨香
牧村英二 山岸門人

ドラマ「きみが心に棲みついた」第4話のストーリー解説※ネタバレ

ドラマ「きみが心に棲みついた」

【(C)Tokyo Broadcasting System Television, Inc.】

新企画のため生地探しに奔走する今日子

いつものように八木に新しいランジェリーの企画を提出する今日子。またダメ出しを受ける…と思いきや、八木から企画を認めてもらうことができ今日子は社内での試作品発表会議に向けて生地探しを始める。

 

星名に命じられた通り下着姿でランウェイを歩いた今日子は、翌日星名から優しい言葉をかけられるとともに、企画が通ったらデートをするという約束をする。

今日子へ抱く自分の気持ちに気づく吉崎

一方、吉崎は最近様子がおかしい今日子を心配していた。さらに、元カノの映美とのキス現場を今日子に見られてしまい全然仕事に集中できない。

 

そんな吉崎の様子を見て、漫画家のスズキは「完全にハマってるじゃないですか!」と一言。

 

吉崎自身も次第に自分にとって今日子が気になる存在であることに気づき始める。

八木から厳しいダメ出しをされ落ち込む今日子は…

試作品のために生地を探してきた今日子は八木に報告。すると、いつものごとく厳しいダメ出しをされてしまいひどく落ち込んでしまう。

 

さらには、星名が担当を外そうとしている噂を耳にした今日子は慌てて星名のもとへ。

 

今日子は星名に強い口調で詰め寄るが、反対に星名から威圧的な態度を取られてしまい震え上がってしまう。

 

八木からの厳しいダメ出し、そして星名から担当を外すと脅され、精神不安定になった今日子はつい吉崎にネガティブなメールを立て続けに送ってしまう。

吉崎の言葉に再度奮起する今日子

今日子のメールを心配した吉崎は、今日子をとあるカフェに呼び出す。そこで、今日子は吉崎に仕事の担当から外されそうになっていることを打ち明ける。

 

吉崎からかけてもらった言葉に勇気づけられた今日子は再び生地探しに奮起。なんとか条件に合う生地を準備してくれそうな繊維会社との商談を取りつけ八木とともに向かうことに。

 

しかし、提示する予算では今日子たちが希望している条件の生地を作ってもらうことは難しいと先方から言われてしまう。それでも、今日子は吉崎にかけてもらった言葉を思い出しながら必死にプレゼン。

 

今日子の必死のプレゼンによって、なんとか希望の生地を準備してもらえることになった。そんな今日子の姿に、それまで厳しい態度をとっていた八木も思わず心を打たれる。

「吉崎さんは私の一番の味方です」

希望に合う生地を作ってもらえることになった今日子は、すぐに吉崎にそのことを電話で報告。

 

今日子に「吉崎さんは私の一番の味方です」と言われ、今日子を意識し始めていた吉崎も顔をほころばせる。

 

そんな些細な電話でのやりとりなのに、今日子はなぜか後ろめたさを感じてしまう。

 

吉崎との電話で浮かれる今日子を影からは星名が見ていて…。

ドラマ「きみが心に棲みついた」第4話の結末

試作品の発表会議で今日子と八木チームの評価は上々だった。しかし、ライバルの飯田が今日子のチームを上回るプレゼンを仕掛けてくる。

 

飯田チームのプレゼンを評価する星名を見て『終わった…』と絶望する今日子。星名は八木に『今後飯田に二つのプロジェクトをかけもってもらう案も出ていたが…』と声をかける。

 

『これで私はプロジェクトをおろされる…』と今日子は思っていたが、八木は今日子をパートナーとして認めプロジェクトを続投することになった。

 

後日、吉崎と今日子は一緒にランジェリーメーカーの撮影見学に向かっていた。すると、2人の背後からなぜか星名が現れる。

 

星名は吉崎に「小川さんをお借りしていいですか?仕事のことでちょっと…」と声をかけ、今日子は『絶対ただじゃ済まされない…』と急に怯え始めた。

 

そんな今日子の異変に気づいた吉崎は「すいません。仕事の話は会社でしてもらえますか?」と星名に告げ今日子を連れ出す。

 

自分の邪魔をする吉崎に「やってくれるじゃねぇか…吉崎…」と星名は憎々しげに呟く。

ドラマ「きみが心に棲みついた」の関連記事

おすすめの記事