• ショーシャンクの空に 海外映画特集
  • からかい上手の高木さん テレビアニメ特集
  • FAIRY TAIL/フェアリーテイル テレビアニメ特集
  • オリエント急行殺人事件 海外映画特集
  • 映画「犬猿」 国内映画特集
  • ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE 国内映画特集
  • 天使にラブソングを 海外映画特集
  • 映画「鋼の錬金術師」 国内映画特集
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 国内ドラマ特集
  • ダークタワー 海外映画特集
言の葉の庭

2013年に新海誠監督によって制作された映画「言の葉の庭」。今回は、その言の葉の庭のあらすじについてご紹介します。ラストの終わり方などもご紹介していますので、ネタバレにご注意ください。【出典:amazon

言の葉の庭のあらすじ【予告動画つき】

 

言の葉の庭は、高校生で靴職人を目指している孝雄(たかお)が公園で出会った雪野(ユキノ)という女性との関係について描いた物語。

 

ある雨の日、孝雄がいつものように学校をさぼって靴のデザイン画を描くために公園の東屋へ向かうと1人の女性(雪野)が座っていた。朝からスーツ姿でチョコレートをつまみに缶ビールを飲みながら過ごす雪野を見て、孝雄は変な人だなと感じる。同時に、なんとなく雪野に見覚えがあるように感じる孝雄。

 

雨の日の朝は公園の東屋で過ごす2人は次第に仲良くなり、孝雄は雪野に自分が靴職人を目指していることなどを話す。次第に、孝雄は雪野に恋愛感情を抱くようになり、朝起きる度に雨が降っていることを祈るようになる。
一方、雪野は孝雄が知らないある問題を抱えていた。

 

なぜ、雪野は毎朝スーツ姿で公園にいるのか。
なぜ、雪野はチョコレートをつまみにビールを飲んでいるのか。
一体、雪野は何者なのか。

 

孝雄が雪野の正体・過去について知ることで物語が加速する。

言の葉の庭のあらすじをストーリーに沿って解説


ここからは、言の葉の庭のあらすじ内容について詳細にご紹介をしていきます。もし、これから言の葉の庭を観るという方はネタバレも含みますのでご注意ください。

雨の日の公園での出会いから物語が始まる

言の葉の庭の主人公の孝雄(たかお/秋月孝雄)は、将来靴職人を目指している男子高校生。雨の日は午前の授業をサボり公園の東屋で靴のデザイン画を描いている。

 

ある雨の日、いつものように学校をサボり公園の東屋へ向かうとスーツ姿の1人の成人女性(雪野/ユキノ)が座っていた。スーツ姿なのに朝から公園で缶ビールを飲み、傍らには酒のつまみなのか食べかけのチョコレートが置いてある。孝雄は、そんな女性を見て不思議に思うと同時に、どこかで見覚えのあるように感じる。

 

2人は一言も話すことなく過ごしていたが、その女性が孝雄のスクールベストに刺繍されている校章を見てハッとした顔をする。

 

そして、その女性はこんな言葉を残しその場を立ち去る。

雷神(なるかみ)の
少し響(とよ)みて
さし曇り
雨も降らぬか
君を留めむ

 

<意味>
雷が鳴り響き雨でも降ってくれないであろうか。
そうすれば、あなたをこの場に引き止めることができるのに。

徐々に互いを意識するようになる孝雄と雪野

それから梅雨の時期となり、公園の東屋で会う回数が増えていった2人。孝雄は雪野と東屋で時間を過ごす内に、いつしか雪野のことを好きになっていた。そして、それは雪野も同じだった。

 

でも、孝雄は自分が高校生という子供であるため雪野とは付き合えないことを分かっていた。だからこそ、早く靴職人として一人前になり立派な大人になりたいと考えるようになった。

 

孝雄は、毎朝起きる度に雨が降っていることを祈るようになる。そうすれば、学校をサボる口実ができ雪野がいるであろう公園の東屋に行けるからだ。そして、雪野も同じように雨が降り孝雄と東屋で会えることを楽しみにするようになった。

 

しかし、やがて梅雨があけて会わない日々が続くようになった。

孝雄が雪野の正体と過去を知る

夏休明けに孝雄がクラスの友達とその彼女と学校の廊下を歩いていると、なぜか公園の東屋で会っていた雪野が学校にいた。そして、友達の彼女が「雪野先生」と言いながら雪野へと近づいていく。

 

その後の休み時間、孝雄は友達とその彼女から雪野についての話を聞く。そこで初めて、孝雄は雪野が自分が通う学校の古典教師だったことを知る。さらに、雪野についての秘密も知ることになる。

 

孝雄が通う学校の3年生のある男子が雪野に惚れていた。そのことに嫉妬した男子の彼女が逆恨みし、学校中に雪野についてのデタラメな話を広め追い込みをかけたせいで雪野が学校に来れなくなっていたのだ。

 

実は、雪野はこの生徒からの追い込みによる精神的なストレスが原因で学校に通勤できなくなったばかりか、過度の精神的ストレスにより味覚障害を患っていた。その時、雪野が味覚を感じられるのはビールとチョコレートのみ。だから、いつも東屋でビールとチョコレートを食べていたのだ。

 

孝雄は、その事実を知り雪野に追い込みをかけた3年の女子がいる教室へと向かい、その女子の頬を平手打ちする。すると、取り巻きの男子生徒に殴られて顔に傷をつくる。

言の葉の庭のラスト:孝雄と雪野はどうなる?

いつも雨が降る日に限って公園の東屋に行く孝雄だったが、その日は雨が降っていないのに公園へと向かった。すると、そこには雪野が池を見ながら立っていた。

 

そして、孝雄は雪野に向かってこう語りかける。

雷神(なるかみ)の
少し響(とよ)みて
降らずとも
我は留らぬ
妹し留めば

 

<意味>
たとえ、雷が鳴り響いたり雨が降らずとも
あなたが引き留めるなら私はここにいる。

すると、いきなり豪雨となる。まるで、2人を一緒にさせるかのように。

 

ずぶ濡れになった2人は雪野の家へ行き、雪野は濡れてしまった孝雄の制服にアイロンをかけ、孝雄は料理をつくる。そんな一緒にいる時間を、2人は今までで一番の幸せだと感じる。

 

孝雄は思い切って、「雪野さん」と声をかけて雪野へ自分の気持ちを告白する。しかし、雪野は「雪野さんじゃなくて“先生”でしょ」と言い、孝雄の気持ちを断り、もうすぐ四国の故郷へ帰る予定であることを伝える。

 

孝雄は雪野にフラレてしまったこと同時に、雪野が今まで自分の正体を明かさず、自分の悩みや苦しみを話してくれず、また孝雄にだまってどこかへ行ってしまうことにショックを受けて雪野のマンションの部屋を出て行ってしまう。

 

その後、雪野は1人部屋の椅子に座りながらうなだれる。しかし、何かを伝えようと孝雄の後を追いかけるように部屋を飛び出しマンションの階段を走って下っていく。

 

すると、マンションのある解の階段に孝雄が立っていた。そして、自分を追いかけてきた雪野に対して涙を流しながらこう叫ぶ。

 

「あんたは一生ずっとそうやって、大事なことはずっと言わないで、自分は関係ないって顔をして、ずっと1人で生きていくんだ!」

 

孝雄の発したその言葉に、雪野は自分が学校での問題や孝雄への気持ちなど、全てにおいて逃げてきたのだと気づく。
そして、雪野は孝雄に抱きつき涙を流しながらこう言う。

 

「毎朝ちゃんとスーツを着て学校に行こうとしてたの。でも怖くて…どうしても行けなくて…。あの場所であなたに救われてたの。」

 

孝雄は、初めて自分自身のことを話してくれた雪野を抱きしめる。

孝雄と雪野のその後

季節は冬となり、孝雄は雪野を思いながら初めて作り上げた靴をもち思い出の公園の東屋に行く。

 

雪野は故郷の四国に戻り、また教師として働き始めていた。

 

2人は手紙のやりとりをしながら連絡を取り合っている。

 

孝雄は、もっと自分が成長した時に雪野の元に会いに行こうと考えている。

言の葉の庭を視聴した感想

言の葉の庭を視聴した感想として強く感じたのが、

 

「甘酸っぱすぎる〜〜〜〜〜!!!」

 

ということです!

 

高校生の孝雄が高校教師(出会った後に分かることですが…)の雪野に恋をし、自分の高校の生徒に恋をする雪野という2人の関係。

 

雪野が自分が教師として働く学校の女子生徒にひどい追い込みをかけられ、その事実を知った孝雄が雪野を追い込んだ2つ上の女子生徒(いかにも性格の悪そうな顔をしています)をパァーン!と平手打ちする。

 

最後は互いの気持ちをぶつけ合い、すぐに付き合うことにはならなくとも、その後の2人の可能性を残してストーリが終わる。

 

キューッと心が締め付けられるシーンや内容もありましたが、最後は2人ともスッキリとした表情になっていて、「いつか2人とも幸せになってほしい!」そんな風に思いました。

 

孝雄が靴職人となったら、ぜひとも雪野と再会して欲しいです。
そして、できることなら一緒になって欲しい!!

 

以上、簡単ではありますが言の葉の庭の感想でした!

【おまけ】言の葉の庭の聖地となっている場所

言の葉の庭

【出典:wikimedia

 

言の葉の庭の作品ファンの聖地となっている場所があります。
それが新宿御苑。

 

言の葉の庭のあらすじをご紹介するなかで、何度か「公園の東屋」って出てきましたよね。実は、この「公園の東屋」は新宿御苑の東屋がモデルとなっています。

 

言の葉の庭のストーリーにおいて、この東屋は孝雄と雪野が距離を縮めていった重要な意味をもつ場所。

 

ぜひ、言の葉の庭を改めて視聴して、聖地『新宿御苑の東屋』へ足を運んでみてください。そして、東屋に腰を下ろして孝雄と雪野が過ごした日々を感じてみてください!

言の葉の庭の関連記事

言の葉の庭
映画「言の葉の庭」特集・まとめ
2018.2.20
将来は靴職人になることを目指している男子高校生の孝雄(タカオ)。孝雄はいつも雨の日に限って、午前中の授業をサボって公園の東屋で靴のデザイン画を描いていた。とある雨の日、いつもように公園の東屋に向かうと1人の見知らぬスーツ姿の女性を見つける。その女性は、なぜかチョコレートをつまみにビールを飲んでいた…...…
言の葉の庭
言の葉の庭の主題歌「rain」の歌詞が主人公の切ない恋心と絶妙にリンク!
2018.2.20
2013年に新海誠監督によって制作された短編映画「言の葉の庭」。言の葉の庭は、高校生の孝雄と教師の雪野の恋愛を描いたストーリー。その言の葉の庭の主題歌となっているのは、秦基博が歌う「Rain」。この主題歌「Rain」の歌詞が孝雄の雪野への恋心とマッチして、感動のエンディングとなっています。【出典:a...…
言の葉の庭
言の葉の庭で出てくる短歌「なるかみの〜」の意味は?ストーリー内容との関係は?
2018.2.20
言の葉の庭で雪野と孝雄が詠う(うたう)短歌。言の葉の庭を視聴した方なら、「あの短歌はどういう意味だったの?」と疑問を持っている方もいるのでは?そこで、今回は言の葉の庭で出てくる短歌の意味についてご紹介します。ストーリー内容とどのような関係があるのかも解説していきますのでご参考ください。(少しネタバレ...…
言の葉の庭
映画「言の葉の庭」予告動画
2018.2.20
映画「言の葉の庭」の予告動画をご紹介するページです。映画「言の葉の庭」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!動画ミルで映画「言の葉の庭」の予告動画・作品内容をチェックしてみてください。 【(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films】 映画「言の葉の庭」...…
言の葉の庭
映画「言の葉の庭」のレビュー・感想
2018.2.20
映画「言の葉の庭」レビュー・感想 美子さんのレビュー・感想 君の名は。の公開前に新海さんの作品に出会って、言の葉の庭や秒速5センチメートルが綺麗すぎてアニメーションなのにこんなに綺麗な世界ってあるんだ…ってびっくりというか感動した。一瞬で引き込まれる感じ?っていうのか…そういうことができる作品ってす...…

関連キーワード
おすすめの記事
新宿スワン
国内映画特集
2015年に公開された映画「新宿スワン」。新宿スワンは、新宿の歌舞伎町で縄張り争いをするスカウトマン達の活躍と成長を描いたストーリー。新宿ス...