サリーやマイクなどユニークで可愛らしいモンスター達が登場する映画「モンスターズ・インク」。その中で、サブキャラだけど地味にハマる人が続出しているのがナメクジのおばさんモンスター“ロズ”!あの独特の声とビジュアルが脳内に残るんですよね〜(笑)

 

さらに、東京ディズニーランドのアトラクション『モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”』でのロズのセリフの仕組みが謎だと話題に!ここでは、そんなロズについて詳しくご紹介をしていきます!

 

【出典:amazon

モンスターズ・インクに登場するナメクジの“ロズ”って?

モンスターズインク
【(C)Disney/Pixar.】

 

映画「モンスターズ・インク」に登場するロズは、サリーやマイクが働くモンスターズ・インクの報告書保管室で事務を担当しているナメクジ型のおばさんモンスター。上がロズの写真なのですが、「あっ!知ってる!」という方も多いのではないでしょうか。(怖そうなおばちゃんって感じですよね笑)

 

スローな口調のロズですが、仕事についてはメッチャ厳しい!モンスターズ・インクのストーリー内では、報告書を出し忘れることの多いマイクに「何か忘れてないか〜い…ワゾウスキ〜…報告書出さなかったね〜」と独特な声で警告する場面も。

 

モンスターズ・インクでは従業員のモンスター達に“ただの事務員”だと思われているロズ。しかし、ロズには隠された“真の正体”がありました…。(後ほどご紹介します!)

映画「モンスターズ・インク」でロズの声を担当した声優

モンスターズインク

【出典:amazon

 

一度耳にしたら頭に残るような独特な声のロズ。そこで気になるのが、ロズの声を担当していた声優が誰なのかということ!映画「モンスターズ・インク」でロズの声を担当していたのはこの方々でした!

原語版のロズの声を担当した声優

原語版(英語版)のモンスターズ・インクでロズの声を担当していたのは、ボブ・ピーターソンさんという方。実は、原語版でロズの声を担当していたのは男性だったんです!(ちょっと驚き…)

 

ボブ・ピーターソンさんは、モンスターズ・インクのロズ以外にも「ファインディング・ニモ(エイ先生)」や「カールじいさんの空飛ぶ家(ダグ)」の声なども担当。ファインディング・ニモの脚本を書いたのも、このボブ・ピーターソンさんなんです。

日本語版のロズの声を担当した声優

モンスターズ・インクの日本語吹き替え版でロズの声を担当していたのは、女優・声優として活躍されている磯辺万沙子さん。国内作品では、「名探偵コナン」「ドラえもん」「ポケットモンスター」などのアニメ作品で声優を担当されています。

 

また、磯辺万沙子さんといえば数々の海外作品で吹き替えの声を務められていることでも有名。「アダムスファミリー」「glee/グリー」「デスパレートな妻たち」「フォレスト・ガンプ/一期一会」「スター・ウォーズシリーズ」などの名作でも声優を担当されています。

モンスターズ・インクのラストで明らかになったロズの正体!

モンスターズインク

【出典:amazon

 

モンスターズ・インクのストーリー序盤では、“ただの”仕事に厳しい事務員のおばさんと思われていたロズ。しかし、ロズの真の正体はCDA(子供検疫局)の隊長だったのです!

 

モンスターズ・インクでは、モンスター達が子供を怖がらせ、その悲鳴をエネルギーに変換するビジネスを行っていました。しかし、映画やゲームが普及しモンスターに怖がる子供達が減っていることに、モンスターズ・インクのウォーターヌース社長は頭を悩ませていました。そこで、ウォーターヌース社長とランドールは裏で手を組んで『悲鳴吸引機』という強制的に子供から悲鳴を吸い取る機械を使用していたのです。

 

しかし、そんなモンスターズ・インクに蔓延る悪事に目を光らせていたのがロズでした。事務員というのは表の顔で、実はロズはCDA(子供検疫局)の隊長だったのです!ロズはウォーターヌース社長の悪事を暴くため、2年半も潜入捜査を行っていました。

 

ロズによってウォーターヌース社長とランドールは逮捕されます。その後サリーが新しいモンスターズ・インクの社長となり、子供達の笑い声をエネルギー変換するビジネスを始めました。

モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”のロズのセリフの仕組みが話題!

モンスターズインク

【出典:http://blog.livedoor.jp/

 

ここまでご紹介してきたロズというキャラクター。東京ディズニーランドのアトラクション「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」では最後の報告書保管室の場所でゲストをお見送りするロズが登場するのですが、 “ある謎”が話題となっているのをご存知でしょうか…?

東京ディズニーランドに遊びに行ったことがある方ならご存知の方も多いと思いますが、アトラクションによっては最後にキャラクターがいて何かセリフを言いながらお見送りしてくれるんですよね。

 

モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”では、最後の報告書保管室の場所にナメクジのロズがいるのですが、そこをゲストのカートが通り過ぎる時に乗っているゲストの特徴に合わせたセリフを放つんです!

 

たとえば、カートに男性が乗っていれば、、
「◯台目のお兄さん、なかなかカッコイイねぇ〜、人間にしては…」
「◯台目のお兄さん、食事でもどうだい〜、電話待ってるよ…」

 

カートに女性が乗っていれば、、
「◯台目のお姉さん、可愛いね〜、私の若い頃にそっくりだよ…」
「◯台目のお姉さん、可愛いね〜、人間にしておくのがもったいないよ…」

 

その他にも、、
「その眼鏡いいね〜、私のと交換しない…?」
「おや、またカメラだ〜奇麗に撮っておくれよ…」

 

などなど。ロズがゲストの特徴に合わせたセリフを話すことで話題となり人気のアトラクションとなっています。

 

どうやってロズがゲストの特徴に合わせてセリフを話しているのか、その仕組みが気になりますがどうやら明らかにはされていないようです。(さすが夢の国…)

 

是非、気になる方は東京ディズニーランドで確認してみてくださいませ!

モンスターズ・インクの関連記事

おすすめの記事