新宿スワンに登場する謎多きスカウトマンの真虎(まこ)。映画「新宿スワン」では、その真虎(まこ)の役を俳優の伊勢谷友介さんが演じました。ここでは、新宿スワンに登場する真虎(まこ)についてどのような人物であったか振り返るとともに、漫画版でのネタバレなどについてご紹介します!

 

【©2015 「新宿スワン」製作委員会】

新宿スワンに登場する真虎(まこ)について

新宿スワン

【出典:amazon

 

新宿スワンに登場する真虎(まこ)は、歌舞伎町のスカウト会社『バースト』の幹部。

 

新宿スワンの主人公の龍彦(たつひこ)が歌舞伎町でトラブルになっているところを仲裁し、その後龍彦をスカウトの世界へと導きます。

 

非常に仲間想いで、部下である龍彦がトラブルになった時は必ずサポートします。

 

また、冷静かつ頭が切れる人物で、他のスカウト会社と抗争になった時に有効な解決策を提案することも。

 

一見穏やかで優しそうに見える真虎ですが、一方でスカウトした女の子を夜の世界で働かせるために冷徹な態度を見せることもあります。

映画「新宿スワン」で伊勢谷友介が真虎(まこ)を演じる!

 

映画「新宿スワン」は、和久井健さんの漫画原作「新宿スワン」を映画化した作品です。

 

映画「新宿スワン」では、真虎(まこ)の役を俳優の伊勢谷友介さんが演じています。

 

俳優の伊勢谷友介さんといえば、イケメンで高身長なルックスに加えてクールなイメージがありますよね。

 

新宿スワンに登場する真虎は仲間思いで優しさを持つ一方で、時に冷徹であったりミステリアスな部分があるキャラクターです。

 

その真虎というキャラクターに、映画「新宿スワン」での伊勢谷友介さんの演技がぴったりハマっています!

新宿スワン:真虎(まこ)が龍彦(たつひこ)をスカウトの世界へ導く

新宿スワン

【出典:amazon

 

新宿スワンは、新宿歌舞伎町のスカウトマン達の成長とスカウト業界の裏社会を描いた作品です。

 

新宿スワンのストーリーは、主人公の龍彦(たつひこ)がスカウトマンの真虎(まこ)と出会うところから始まります。

 

ある日、龍彦が歌舞伎町を歩いていると数人のチンピラに絡まれ喧嘩となります。

 

すると、たまたま近くにいた真虎がその喧嘩を仲裁。その時に、真虎が龍彦を気に入りスカウトの世界へと誘います。

 

以後、真虎は龍彦を自分の部下につけて、一からスカウトの“いろは”を教えていきます。

新宿スワンで気になる真虎(まこ)の顔の傷の理由について

新宿スワン

【出典:amazon

 

新宿スワンをご覧になったことがある方であれば、真虎(まこ)の顔にある傷の理由について気になった方も多いでしょう。その真虎の顔にある傷の真相は、漫画版・新宿スワンで明らかにされています。

 

真虎には、自分をスカウトの世界へ誘ってくれた辰巳幸四郎という恩人がいました。その辰巳幸四郎の左目には刃物で切られたような傷がありました。

 

辰巳幸四郎は、過去に現・紋舞会会長の天野修善が起こした殺害事件の現場を目撃してしまいました。このことから、天野修善にとって邪魔な存在となり口封じのために殺害されてしまいます。

 

恩人である辰巳幸四郎を殺害された真虎は天野修善への復讐を誓います。そして、真虎はその恨みを忘れないために辰巳幸四郎と同じように自ら左目部分に傷をつけたのです。

新宿スワン(漫画版)での真虎(まこ)の衝撃のラスト!(※ネタバレ)

新宿スワン(漫画版)で明かされる真虎(まこ)の衝撃のラストについてご紹介!ネタバレを含みますので、まだ見ていない方はご注意を!

 

恩人の辰巳幸四郎を殺害され天野修善への復讐を誓った真虎は、ずっと“そのタイミング”を狙っていました。そして、遂にその時はやってきます。

 

天野修善を拉致した真虎は、辰巳幸四郎との思い出の場所であるスカウト会社『ミネルバ』の事務所があったビルへと向かいます。そして、真虎は天野修善にもうすぐ警察がやってくることを伝え、辰巳幸四郎殺害の凶器となった刀を置いて立ち去ります。

 

天野修善に残された道は、警察に捕まるか…ヘマをしたことにより柚木組のヒットマン達に殺害されるか…。追い込まれた天野修善は、かつて辰巳幸四郎殺害の凶器となった“自分の刀”で自害します。

 

辰巳幸四郎の復讐を果たした真虎…。ビルを出て龍彦と再会しますが、その瞬間に天野修善の息子であるレオに銃で撃たれてしまいます。

 

龍彦に抱きかかえられながら、真虎は「レオをうらむな これでいいんだ」と言い残し息を引き取ります。

新宿スワンの関連記事

関連キーワード
おすすめの記事