• 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 国内ドラマ特集
  • アダムスファミリー2 海外映画特集
  • 最強のふたり 海外映画特集
  • 恋は雨上がりのように テレビアニメ特集
  • 心が叫びたがってるんだ。 国内映画特集
  • 耳をすませば 国内映画特集
  • ショーシャンクの空に 海外映画特集
  • 勝手にふるえてろ 国内映画特集
  • 新宿スワン 国内映画特集
  • 空海 KU-KAI 美しき王妃の謎 国内映画特集
スラムダンク

スラムダンクのファンから愛されている登場人物の1人が安西先生。

 

スラムダンクのストーリー内で、桜木花道に何度も顎をタプタプいじられても「オーッホッホッホッー」と笑って許す安西先生はまさに仏!

 

でも、実は安西先生にはとっても怖い時代があったのを知っていましたか?

 

【(C)井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション】

スラムダンクに登場する安西先生について

スラムダンク

【出典:amazon

 

スラムダンクに登場する安西先生は、桜木花道達が所属する湘北バスケ部の監督です。安西先生のフルネームは“安西光義(あんざいみつよし)”というそうです。

 

安西先生といえば、「白髪頭」「眼鏡」「丸い体」が特徴的ですね!また、「オーッホッホッホッー」という安西先生の独特の笑い方が頭に残っている方も多いでしょう。

 

温厚な性格で怒ったりせず、練習や試合中もあまり口出ししない安西先生ですが、過去には全日本代表メンバーに選ばれたこともある凄い人!

 

スラムダンクのストーリー内で数々の強豪校が現れますが、いずれの監督も安西先生を知らない人はいません。監督としての実績もあり、他校の監督からも尊敬されている人物です。

 

しかし、スラムダンクのストーリー内では、そんな安西先生のことを詳しく知らない桜木花道から「オヤジ」と呼ばれています。

スラムダンクでの安西先生と桜木花道の絡みが面白い!

スラムダンクでの名物シーンといえば、桜木花道が安西先生の顎の肉をタプタプといじりまくるところですね。

 

桜木花道が安西先生の指示などに文句があると、安西先生に「オヤジー!」と突っかかり顎の肉をタプタプいじりまくります。

 

スラムダンクのストーリー内で桜木花道にいじられまくる安西先生ですが、いつも「オーッホッホッホッー」と笑って流してくれるんですよね。まさに仏のような温厚さ!

 

しかし、他の湘北メンバーは安西先生の過去の実績などを知っているため、桜木花道の安西先生への無礼な行動を見た時に焦って止めにかかります。

 

特に、安西先生にかなりの恩を感じている三井は、他のメンバー以上に安西先生を尊敬している様子が伺えます。

スラムダンクの安西先生の名言「あきらめたらそこで試合終了だよ」

スラムダンク

【出典:amazon

 

スラムダンクの代表的名言といえば、安西先生の「あきらめたらそこで試合終了だよ」という言葉です。スラムダンクを観たことがない人でも、この安西先生の名言は知っているという方も多いでしょう。

 

この安西先生の「あきらめたらそこで試合終了だよ」という名言は、もともと三井へ向けられた言葉でした。

 

武石中学でエースだった三井は、中学の県大会決勝でピンチを迎えていました。その試合で勝利を諦めかけていた三井でしたが、来賓席に座っていた安西先生に「あきらめたらそこで試合終了だよ」と言われ奮闘。そして、見事県大会を優勝しました。

 

安西先生に恩義を感じていた三井は、その後湘北高校に進学し安西先生が監督を務めているバスケ部に入部します。しかし、入部早々に左ひざを怪我してしまい、自分がいないところで同級生の赤木が活躍する姿を目の当たりにし挫折。バスケ部を離れた三井は不良少年へと変わっていきます。

 

そして、ある日バスケ部への逆恨みと喧嘩で因縁があった宮城へ復讐するために、不良仲間を引き連れてバスケ部がいる体育館へ襲撃しにきます。

その乱闘中に、三井が安西先生と再会。自暴自棄となっていた三井でしたが、中学時代に安西先生にかけてもらった「最後まで希望を捨てちゃいかん。あきらめたらそこで試合終了だよ」という言葉を思い出し泣き崩れます。(その後改心してバスケ部へ復帰)

 

この安西先生の「あきらめたらそこで試合終了だよ」という名言は、スラムダンクのストーリー内で試合でピンチとなっている時などに度々登場します。

スラムダンク・対陵南戦前に安西先生が倒れる危機が…

当時、スラムダンクをテレビや漫画で観ていた方なら、安西先生が倒れるという危機にヒヤッとした方も多いでしょう。

 

インターハイ予選・神奈川県大会を戦っていた湘北高校。決勝リーグ1回線で“王者”海南大付属戦で善戦するも、最後のチャンスシーンで桜木花道が赤木(ゴリ)と間違った相手選手にパスをしてしまい負けてしまいます。その後、桜木花道はゴール下のシュートを打ち込む反復練習に明け暮れていました。

 

決勝リーグ2回戦の武里中学に勝利した湘北高校。桜木花道は、インターハイ出場をかけた陵南戦に向けて体育館で1人シュート練習に励んでいました。すると、そこに安西先生がたまたま訪れます。

 

桜木花道は黙々とシュート練習を続けていましたが、後ろを振り返ると安西先生が倒れていることに気がつきます。幸い、桜木のテキパキとした対応により安西先生は一命を取りとめました。

 

その後、湘北高校は安西先生不在で陵南戦を闘い見事勝利。すぐに安西先生がいる病院に試合の勝利とインターハイ出場が決まったことを報告しに行きます。

 

病室で安西先生をバスケ部メンバーが胴上げし、安西先生が「オーッホッホッホッー」と笑いながら喜んでいるシーンに思わずジーンとした方も多いのではないでしょうか。

関連キーワード
おすすめの記事