スラムダンクで明かされた安西先生の過去

スラムダンク

【出典:amazon

 

スラムダンクに登場する安西先生といえば、かなり温厚な人柄です。桜木花道に顎をタブタプいじられても怒ることはありませんし、試合や練習でも厳しい指導はせず基本的に温かく見守るというスタンスをとっています。

 

しかし、安西先生の過去は全く違うものでした。

鬼監督として恐れられていた安西先生の過去

現在、湘北高校のバスケ部監督を務めている安西先生ですが、かつては大学バスケで監督を務めていました。

 

当時の安西先生は、その厳しさから鬼監督として恐れられ白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)と呼ばれていたんです。

 

ちなみに、現在は仏のように優しいことから白髪仏(ホワイトヘアードブッダ)と呼ばれています。

谷沢(やざわ)という1人の選手の存在…

安西先生が過去に大学でバスケを教えていた頃、谷沢という教え子がいました。谷沢は2メートル以上の長身で、運動能力も抜群。安西先生は谷沢の将来に期待をし、他の選手以上に厳しく指導していました。

 

また、谷沢には能力はあるものの基礎技術が不足していたため、安西先生は谷沢に基礎技術の練習を強いていました。もちろん、それは安西先生が谷沢の将来を期待し、良い選手に育て上げるためでした。

 

しかし、谷沢には安西先生の想いは通じていませんでした。そして、軍隊式の安西先生の指導にも疑問を持ち始めた谷沢は大学を退学し、かねてより夢見ていたバスケの本場であるアメリカへ旅立ってしまったのです。

安西先生のもとにショッキングなニュースが…

安西先生は、谷沢がアメリカへ旅立った後も谷沢を心配し続けていました。

 

そんなある日、谷沢より1本のビデオテープが届きます。そこには、アメリカのチームで谷沢がプレイする姿が写っていました。

 

しかし、そのビデオテープで安西先生が目にしたのは“まるで成長していない”谷沢のプレー姿でした。「これじゃ、谷沢がダメになる」と谷沢の将来を心配した安西先生は、あの手この手で谷沢に連絡しようとしますが、なかなか連絡をとることはできませんでした。

 

そして、谷沢がアメリカへ旅立ってから5年後。新聞を読んでいた安西先生はショッキングなニュースを目にします。それは、アメリカで谷沢が交通事故で亡くなったという内容でした。また、新聞では谷沢から薬物反応があったことも記されていました。

谷沢を失った安西先生の過去と現在

安西先生は、谷沢を失った後に大学バスケ界を退きました。そして、谷沢にかけていた夢を果たせぬまま、バスケット人生にピリオドを打てずにいたのです。

 

過去には“白髪鬼”と称されていた安西先生ですが、谷沢の件を機に指導方法や性格までもが変わります。恐らく、安西先生はそれまでの自分の指導方法に自信が持てなくなったのでしょう。そんなことから、温厚で厳しい指導をすることのない現在の安西先生となりました。

 

しかし、湘北バスケ部で谷沢を越える逸材である流川と桜木と出会い、安西先生は再び監督としての情熱を取り戻していきます。

安西先生が流川のアメリカ留学に反対した理由

スラムダンクのストーリー内で、流川が安西先生にアメリカ留学を考えていることを打ち明けます。しかし、安西先生は流川のアメリカ留学に反対の意を示しました。

 

安西先生が流川のアメリカ留学を反対したのは、谷沢の過去の一件が大きな理由です。

 

安西先生は流川の才能を認めてはいたものの、まだまだ流川には足りない部分があると考えていました。そして、もし流川が今の状態でアメリカに渡ったとしても成功せず、そして谷沢の二の舞になってしまうかもしれないと考えたのです。

 

そこで、安西先生は流川に「とりあえず(バスケで)日本一の高校生になりなさい」と伝えます。

普段は優しい安西先生。実は怒るとメッチャ怖い…

過去には、あまりの厳しさから“白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)”と恐れられていた安西先生ですが、今は白髪仏(ホワイトヘアードブッダ)と呼ばれるほど温厚で優しい性格となりました。

 

スラムダンクのストーリー内では、安西先生が選手に怒ったり厳しい指導を強いるという場面はありません。

 

しかし、スラムダンクのストーリー内で1度だけ安西先生が“過去の片鱗”を見せた場面があります。それは、インターハイ・対山王工業戦でのことです。

 

インターハイ3連覇中の山王工業相手に、湘北高校は後半に20点以上のビハインドとなっていました。そこで、安西先生は一度桜木と木暮を交代させます。

 

そして、安西先生が桜木に隣に座ってプレイを見るように促しますが、桜木は負けを覚悟した安西先生が3年の木暮を最後の試合に出すために自分をベンチに戻したのだと考えていました。

 

安西先生は何度も桜木に隣に座ってプレイを見るように促しますが、安西先生は負けを覚悟していると思い込んでいた桜木は反発するようになかなかベンチに座りません。

 

すると、安西先生が桜木に向かって、、

 

「聞こえんのか?あ?」

 

と、一瞬かつての“白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)”に戻ります。この安西先生が一瞬怒る場面は、スラムダンクの名シーンの1つとも言えるでしょう。

言葉数の少ない安西先生だけど勝負にかける情熱は人一倍!?

スラムダンクのストーリー内で、安西先生は基本的に練習や試合で選手達に口出ししません。どこか、「好きなようにやりなさ〜い」とでも言っているかのような印象すら持ちます。

 

しかし、“ここぞ”という時には重要なポイントを一言二言伝えることがあります。そのちょっとした言葉で試合の流れを幾度も変え勝利に導いてきました。

 

そんなのほほんとした印象すら感じる安西先生ですが、インターハイ・対山王工業戦では勝利への情熱を体で表した場面があります。
山王工業に20点のビハインドで負けていた湘北。しかし、試合の流れが良くなり徐々に点差を縮めていきます。

 

そして、流川を機転としたゴールが生まれると安西先生が思わず、『しっ』と拳を握りしめながら喜びを表現!!

 

いつもは温厚な安西先生が得点の喜びから思わずガッツポーズする姿に、後ろの木暮(メガネ君)が驚いています(笑)

安西先生を思い出すとスラムダンクをもう一度見たくなる!

ここまでは、スラムダンクに登場する安西先生についてご紹介をしてきました。

 

とっても温厚で丸い体が可愛らしい安西先生。安西先生の「オーッホッホッホッー」という独特の笑い声には思わずクスッとしてしまいます。

 

是非、この機会にもう一度スラムダンクを観直して安西先生の魅力を楽しんでみてください!

スラムダンクの関連記事

関連キーワード
おすすめの記事