• 花宵道中 国内映画特集
  • 最強のふたり 海外映画特集
  • 耳をすませば 国内映画特集
  • アルマゲドン 海外映画特集
  • ゴシップガール シーズン1 海外ドラマ特集
  • 伊藤くん A to E 国内映画特集
  • 映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me 国内映画特集
  • 美女と野獣 海外映画特集
  • マレフィセント 海外映画特集
  • ドラマ「トドメの接吻(キス)」 国内ドラマ特集
蛇にピアス

2008年に公開された映画「蛇にピアス」。公開当時、過激な濡れ場やバイオレンスシーンなどで話題となりました。今回は、その蛇にピアスのあらすじやストーリー内容をご紹介!分かりづらいというラストシーンの意味も解説します。

 

【©2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ】

映画「蛇にピアス」のストーリー内容

 

まず、蛇にピアスの簡単なストーリー内容についてご紹介します。

 

蛇にピアスの主人公“ルイ”は、毎日生きているという実感がもてず渋谷の街を彷徨っているような19歳の少女です。

 

ある日、1人でクラブに入店するとフロアで踊り狂っているアマと出会います。アマは赤髪の派手なモヒカン頭で、顔面はピアスだらけ、体中に刺青を彫っています。

 

アマもルイに気づき、ルイのもとへ近づいてきてスプリットタンを見せつけます。そして、アマが自分と同じようにスプリットタンにしないかと聞くと、反射的に頷くルイ。その日の内にルイとアマは男女の関係となり、ルイはアマの自宅で同棲をするようになります。

 

後日、ルイはアマに付き添われ彫り師のシバの店へと向かいます。ルイは刺青にも興味をもつようになり、舌ピアスに加えて刺青をいれます。アマに心を寄せて同棲をしていたルイですが、シバとも関係をもつように。

 

ルイは優しく自分を愛してくれる激しく愛してくれるシバとの間で心が揺らいでいきます。そんなある日、とある事件が…。

「蛇にピアス」のあらすじ詳細を解説

蛇にピアス

【出典:amazon

渋谷を彷徨う少女ルイがアマとシバという2人の男と出会う

蛇にピアスの主人公“ルイ”は、生きているという実感を持てずに毎日渋谷の街を彷徨っていました。そんなある日、ルイはアマという男と出会います。

 

アマの顔面はピアスだらけで、体は刺青だらけ。舌は蛇のように真ん中が裂けたスプリットタンをしていて、ルイはそれに興味を持ちます。そして、ルイはアマと出会った初日に男女の関係となり、その日からアマと暮らすようになります。

 

後日、アマの刺青やスプリットタンを施術したシバという男の店に向かいます。スプリットタンにするために、そのファーストステップとしてシバに舌ピアスを開けてもらいます。さらに、ルイはアマやシバの影響からか刺青にも興味を持ち始めます。

ある日、アマが事件を起こしてしまう

後日、ルイは舌ピアスを開けたことやアマと出会ったことについて友人のマキに話します。変な男に洗脳されているんじゃないかとマキに心配され、それを否定するルイはマキにアマを紹介するために3人で食事に行きます。

 

その帰り道、ルイがアマとマキの3人で渋谷のセンター街を歩いていると、2人組のチンピラに絡まれます。2人組のチンピラの目的は、女遊びのためにルイとマキをナンパすることでした。

 

それにキレたアマは、2人組のチンピラに殴り掛かります。1人は逃げてしまいましたが、残った1人のチンピラをボコボコに殴りまくるアマ。

 

そこへ警察のサイレンが聞こえ、ルイは必死にアマを止めてその場から逃げ去ります。

アマが帰ってこない…ルイとシバは警察へ捜索願いを出す

ある日、ルイは刺青のデザインを考えるために1人でシバの店へと向かいます。ルイは、アマの背中に彫られている竜とシバの腕に彫られている麒麟(きりん)を合わせたデザインを依頼します。そして、竜と麒麟には眼を入れないでほしいと注文します。

 

ルイがシバに料金について聞くと、刺青の費用の代わりに男女の関係を求めるシバ。ルイはためらうことなく、あっさりとシバと関係を持ちます。シバはサディスティックな性癖で、ルイの首を締めて苦しそうな表情を見ながら興奮します。以降、ルイがシバの店に刺青を彫りに行く度に、2人はアマに秘密で関係を持っていました。

 

そんなある日、アマが行方不明となりました。ルイは警察へ捜査願いを出しに行きますが、警察から対象者の名前を聞かれた時に、ルイは初めてアマの本名について知らないことに気づきます。

 

そこで、ルイはシバにアマが帰ってこないことを伝え、改めてシバに付き添われ警察へアマの捜査願いを出しに向かいます。その頃、酒浸りになりやせ細っていたルイを見て、シバはアマが見つかるまで自分と一緒に暮らすようにルイに伝えます。

横須賀でアマの死体が見つかる

アマが見つかることを願いつつ、シバの元で過ごしていたルイ。ある日、シバの携帯に警察から電話がかかってきます。その電話は、横須賀でアマらしき男が死体で発見されたという内容でした。

 

ルイとシバが死体確認へ向かうと、その男は確かにアマでした。アマの死因は首を締められたことによる窒息死で、体中にはタバコで押し付けられた跡があり、爪は全部剥がされ、性器には“お香”が挿されていました。

 

ルイは背中にある竜と麒麟の刺青について眼を入れないで欲しいと注文していましたが、事件後に“自分が命をもつため”にルイに眼を入れてもらいます。そして、ルイはまた1人で渋谷の街へと戻っていきます。

蛇にピアスの結末で分かりにくい部分を考察(※ネタバレ)

蛇にピアス

【©2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ】

 

蛇にピアスを観た人で多いのが、「アマを殺した犯人は誰か」「ルイが最後に麒麟と竜に眼を入れたのはなぜか」という2つの疑問です。

 

この蛇にピアスの2つの分かりにくい部分について筆者なりの考察を紹介します。(ネタバレを含みますのでこれから視聴する方はご注意を)

ネタバレ①:アマが死んでしまった…犯人は?

アマが行方不明となり、ルイとシバは警察へ捜索願いを出します。しかし、最終的にはアマは何者かに痛めつけられて死体となって発見されます。犯人について蛇にピアスのストーリー内では明らかにされていませんが、犯人の招待は99%シバでしょう。

 

アマの死体にはタバコを押し付けられた跡があるのですが、捜査によってその銘柄はマルボロであったことが判明します。これはシバが吸っているタバコと同じ銘柄です。また、アマの性器には“お香”が挿されていたのですが、これは国内では販売が珍しい商品で、且つシバが店で焚いているお香と同じものでした。

 

さらに、首を絞めた跡や“犯された”形跡があったことから、サディスティックな性癖を持ち、同性ながら実はアマと肉体関係があったシバが犯人であったことが間接的にストーリー内で伝えられています。

 

シバは、アマからルイを奪い自分のモノにしたかったのです。事実、シバはルイに告白をするシーンがあります。

ネタバレ②:ルイが最後に麒麟と竜に眼を入れた理由

ルイが背中に竜と麒麟の刺青を彫る際に、最初は眼を入れないで欲しいとシバに伝えます。ルイは、その理由として『画竜点睛(がりょうてんせい)』という故事を引き合いに出します。

【画竜点睛】…意味:竜の眼を描き眼を点ずること。「画竜点睛を欠く」という言い回しで使われ、これはほとんど完成しているが最も重要な部分が欠けているという意味。 もともとは、中国の故事に出てくる言葉。昔、中国に張僧ヨウという絵師がいて、お寺に四匹の竜の絵を描いた。その竜には眼が描かれていなく、人々が張僧ヨウに理由を聞くと「眼を入れてしまうと竜が飛んでいってしまうからだ」と答えた。しかし、人々はそれを信じず、仕方なく張僧ヨウが竜に眼を入れると本当に竜は天へと昇っていってしまった。

ルイが刺青のデザインとして竜と麒麟を選んだのは、「自分が好きであるアマが竜の刺青を入れていたこと」「たまたまシバの腕に彫られていた神聖な意味合いのある麒麟に興味をもったこと」が理由です。

 

優しく愛してくれるアマと激しく愛してくれるシバという2人の間で、ルイの心は揺れ動いていました。ルイには、竜(アマ)と麒麟(シバ)に眼を入れないままにすることで、『2人にすがっていたい』という思いがあったのでしょう。

 

しかし、アマが死んでしまい、その犯人がシバだと悟ったルイは、竜と麒麟に眼を入れることでまた1人で生きていくと決めたのかもしれません。

蛇にピアスのラストの終わり方の意味が分かりづらい…

蛇にピアスのラストを観てみると、終わり方の意味が非常に謎です。

 

蛇にピアスのラストでは、アマを失いシバからも離れた(と思われる)ルイが渋谷のスクランブル交差点に1人でうずくまり顔を上げたところで終わります。

 

そのラストの終わり方を観て感じるのが、「結局これからルイはどうなるの?」ということ。

 

蛇にピアスのラストの終わり方の意味については、アマを失いシバからも離れたルイが、渋谷の街に戻って「生きるって何なんだろう…」と再び彷徨い始めるという意味合いが込められているのではないかと思われます。

 

「アマとシバという2人の男に出会い、2人の男にすがるようになったルイが、その2人から離れて再び彷徨い始める…」

 

というのが、蛇にピアスの終わり方なのではないかと考察されます。

蛇にピアスを視聴した感想

蛇にピアスは、吉高由里子が演じるルイの濡れ場シーンやピアスを開けたり刺青を彫ったりするバイオレンスなシーンなどから、単なる“過激な映画”と思われがちです。

 

でも、蛇にピアスは言うなら純情な恋愛ストーリーなのではないかと筆者は感じました。

 

最後はドロッとした感じで終わりますが、「生きているという実感がもてない1人の少女が、たまたま出会った2人の男の“異なる愛”にすがるようになる」というのが、この蛇にピアスのおおまかなあらすじです。

 

蛇にピアスの感想は、誰が観るかによっても異なると思います。ぜひ、気になる方は作品をご覧になってみてください。

蛇にピアスの関連記事

蛇にピアス
映画「蛇にピアス」特集・まとめ
2018.2.20
蛇にピアスの主人公の少女“ルイ”は生きているという実感もなく、ただ渋谷の街を彷徨っていた。そんな時、ルイは体は刺青だらけで舌はスプリットタンのアマと出会う。そして、ルイも刺青と舌ピアスを開け、その痛みに生きているという実感を感じるようになった…。 【出典:amazon】 蛇にピアスのあらすじ 蛇に...…
蛇にピアス
蛇にピアスで吉高由里子が主人公“ルイ”を熱演。主演決定後に大事故を起こしていた!?
2018.2.20
2008年に蜷川幸雄によって映画化された「蛇にピアス」。その主人公の少女“ルイ”を女優の吉高由里子が演じた。濡れ場やバイオレンスなシーンなど、「蛇にピアス」での難しい役どころを演じた吉高由里子。出演決定前後には、いくつかの驚愕のエピソードがあったようだ。【© 2017 ULM Co.,Ltd.】 蛇...…
蛇にピアス
蛇にピアスで高良健吾が演じた“アマ”とはどんな人物?スプリットタンは本物だった?
2018.2.20
2008年に公開された映画「蛇にピアス」。この蛇にピアスに主人公ルイの恋人のアマ役を俳優の高良健吾が演じました。蛇にピアスで話題となったのが、高良健吾が演じるアマのスプリットタンは本物だったのかということ。実際のところどうだったのかくわしくご紹介します。【出典:amazon】 蛇にピアスの作品紹介 ...…
蛇にピアス
蛇にピアスに小栗旬と藤原達也がチンピラ役で友情出演
2018.2.20
2008年に公開された蛇にピアス。その蛇にピアスに小栗旬と藤原竜也が“チンピラ役”として登場します。「え?あの小栗旬と藤原竜也が脇役で出演なの??」と思ってしまいますが、それにはこんな理由がありました。 蛇にピアスで小栗旬と藤原竜也が“チンピラ2人組”で登場 【(C)2008「蛇にピアス」フィルムパ...…
蛇にピアス
映画「蛇にピアス」予告動画
2018.2.20
映画「蛇にピアス」の予告動画をご紹介するページです。映画「蛇にピアス」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!動画ミルで映画「蛇にピアス」の予告動画・作品内容をチェックしてみてください。 【(C)2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ】 映画「蛇にピアス」予告動画 映画「蛇に...…
蛇にピアス
映画「蛇にピアス」に井浦新がシバ役で出演。アマを殺害した犯人はシバ?
2018.2.20
映画「蛇にピアス」に井浦新(旧:ARATA)がシバ役で出演。爽やかなイメージのある井浦新がスキンヘッド、ピアス、刺青という風貌のシバ役で出演し話題となりました。映画「蛇にピアス」をご覧になった方の間で「アマを殺害した犯人はシバ?」という疑問が多く挙がっています。ここでは、その真実について探ってみます...…
蛇にピアス
吉高由里子が映画「蛇にピアス」で高良健吾、井浦新との過激な濡れ場を披露!
2018.2.20
吉高由里子が初主演を果たした映画「蛇にピアス」。映画「蛇にピアス」でストーリーとともに注目されたのが、吉高由里子が共演の高良健吾・井浦新と演じた濡れ場について。吉高由里子が全裸姿での過激な濡れ場を演じ、大きな話題となりました。ここでは、映画「蛇にピアス」で吉高由里子が披露した濡れ場シーンについてご紹...…
蛇にピアス
映画「蛇にピアス」のレビュー・感想
2018.2.20
映画「蛇にピアス」を視聴した方のレビュー・感想の紹介ページです。レビュー・感想をご参考に、映画「蛇にピアス」をお楽しみください。 【©2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ】 映画「蛇にピアス」レビュー・感想 豆帝國さんのレビュー・感想 蛇にピアス、私の中では観たあとの喪失感がすごい映画。 @...…

関連キーワード
おすすめの記事
ヘルタースケルター
予告動画・PV
映画「ヘルタースケルター」の予告動画をご紹介するページです。映画「ヘルタースケルター」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開...
映画「スリー・ビルボード」
予告動画・PV
映画「スリー・ビルボード」の予告動画をご紹介するページです。映画「スリー・ビルボード」のあらすじやキャスト、作品情報についても公開中!映画「...
ドリームガールズ
予告動画・PV
映画「ドリームガールズ」の予告動画をご紹介するページです。映画「ドリームガールズ」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!...
ヒミズ
国内映画特集
漫画家・古谷実の問題作「ヒミズ」の実写版映画作品。人生において夢も希望も捨てた住田佑一と愛に飢える少女・茶沢景子という中学生の男女の青春を描...