朝井リョウの小説を原作とした映画「桐島、部活やめるってよ」。2012年8月に公開され、その後口コミなどで大きな話題となり8ヶ月にわたりロングラン上映されました。ここでは、その映画「桐島、部活やめるってよ」のあらすじやキャスト情報、気になる結末内容についてご紹介します!

 

【©2012「桐島」映画部 (C) 朝井リョウ / 集英社】

「桐島、部活やめるってよ」の作品紹介

桐島、部活やめるってよ

【出典:amazon

 

映画「桐島、部活やめるってよ」は、小説家・朝井リョウさんの小説「桐島、部活やめるってよ」を原作とした映画作品。

 

「桐島、部活やめるってよ」は朝井リョウさんが大学在学中に書いた小説作品で、2009年には同作で『第22回小説すばる新人賞』を受賞。初の平成生まれの受賞者となりました。

 

映画「桐島、部活やめるってよ」のストーリーは、とある高校の人気者であった『桐島』が部活をやめることから始まります。絶対的存在であった桐島がある日突然いなくなることで桐島に近い友人達は混乱。そのことによって、人間関係や考え方に変化が起こっていく様子が描かれています。

 

映画「桐島、部活やめるってよ」の主人公・前田涼也役には、俳優の神木隆之介が出演。その他、若手俳優陣が多数出演しています。

映画「桐島、部活やめるってよ」あらすじ・予告動画

 

11月25日の金曜日、松籟高等学校の2年C組にビッグニュースが流れる。バレー部のキャプテンの桐島が部活をやめたのだ。桐島はクラスの絶対的存在である人気者。それだけに桐島に近い友人達にとっては大きな出来事となった。

 

桐島が部活をやめることは、クラスのマドンナ的存在で桐島の彼女でもある梨沙にすら知らされていなかった。また、バレー部の仲間も桐島が部活をやめることを知らされておらず、副キャプテンの久保は動揺を隠せなかった。

 

さらに、部活をやめた桐島はその後クラスにも現れなかった。絶対的存在である桐島がいなくなったことにより、桐島に近い友人達は徐々に混乱していく。まるで、自分達が信じる『神』の存在を失ったかのように…。そして、その混乱はクラスの人間関係にまで影響し始めていた。それだけ桐島は大きな存在だったのだ。

 

そんな中、クラスのヒエラルキーの底辺にいる映画部の部長・前田はいつもと変わらず部の仲間達と映画を撮り続けていた…。

「桐島、部活やめるってよ」のキャスト・登場人物

桐島、部活やめるってよ

前田涼也(演:神木隆之介)

映画部の部長。顧問の脚本に納得できず、仲間達と『生徒会・オブ・ザ・デッド』という自主制作映画を撮り始める。2年C組ではヒエラルキーの底辺の存在。桐島がいなくなり周囲が混乱する中、いつもと変わらず仲間と映画を撮り続ける。

菊池宏樹(演:東出昌大)

桐島と並ぶクラスの中心的存在の男子生徒。野球部のエースだが久しく参加していない。桐島とは親友だが部活をやめることについて聞かされておらず、何も相談されていなかったことにショックを受けている。

飯田梨紗(演:山本美月)

クラスのマドンナで、女子のヒエラルキーのトップにいる。桐島と付き合っているが、何も聞かされていないことに怒り、傷つく。その怒りから周囲にあたってしまう。

東原かすみ(演:橋本愛)

梨紗がトップの4人組女子グループの1人。梨紗や沙奈が人の悪口や噂話をネタにすることには乗らないが、仲にヒビが入らないように上手く立ち振る舞っている。グループの女子には隠して寺島竜汰と付き合っている。

野崎沙奈(演:松岡茉優)

梨紗がトップの4人組女子グループの1人。梨紗と近しいことや桐島に並んでイケてる男子の宏樹と付き合っていることにステータスを感じている。クラスでヒエラルキーの低い者を見下している。

宮部実果(演:清水くるみ)

梨紗がトップの4人組女子グループの1人。目立つグループに所属しているが性格は真面目。桐島がいなくなった後、バレー部の久保にシゴかれている風助を心配している。

寺島竜汰(演:落合モトキ)

クラスの中心的男子の1人。放課後は宏樹と友弘と3人でバスケをしながら、桐島が部活を終えるのを待っていた。東原かすみと付き合っている。

友弘(演:浅香航大)

クラスの中心的男子の1人。放課後は宏樹と竜汰と3人でバスケをしながら、桐島が部活を終えるのを待っていた。

武文(演:前野朋哉)

映画部の生徒。部活の仲間でありクラスメイトの前田と親しく、いつも一緒に行動している。前田が気後れしそうになると後ろから背中を押す。

野球部キャプテン(演:高橋周平)

松籟高等学校の3年生。野球部キャプテン。幽霊部員状態の宏樹にさりげなく部活に戻ってこないかと声をかけ続ける。スカウトの声がかかっていないが、夏を終えても部活に参加している。

久保孝介(演:鈴木伸之)

バレー部副キャプテン。桐島が突然部活をやめたことに怒りを隠せない。桐島と同じポジションである風助を代役とするが、実力が足らずにそのことにも苛立ち激しい練習を課している。女子グループからはゴリラと呼ばれている。

小泉風助(演:太賀)

バレーボール部。桐島と同じリベロのポジション。桐島が部活をやめた後にリベロのポジションを引き継ぐが、実力が足らずに副キャプテンの久保からシゴかれている。なんとか食らいつこうと必死になるが、あるところで爆発してしまう。

沢島亜矢(演:大後寿々花)

2年C組の女子生徒。吹奏楽部の部長を務めている。クラスでは梨紗達のグループに所属することもなく静かな存在。沙奈の彼氏である宏樹に想いを寄せている。

詩織(演:藤井武美)

松籟高等学校の1年生。沢島が部長を務める吹奏楽部に所属。沢島が宏樹に憧れていることに気づき、さりげなく励ましの言葉を贈る。

片山(演:岩井秀人)

桐島や宏樹達が在籍する2年C組の担任。映画部の顧問。

桐島

2年C組の人気者。バレー部のキャプテン。梨紗の恋人。クラスの誰からも慕われる絶対的存在だが、ある日突然バレー部をやめクラスからも姿を消す。(※映画内では姿を現さない形でストーリーが展開されていきます)

おすすめの記事