2018年2月11日にドラマ「トドメの接吻(キス)」第6話が放送されました。長谷部の父が尊氏の罪のもみ消しに協力していたことを知った旺太郎は、長谷部を脅迫してビデオテープのコピーを探させる。しかし、長谷部はなぜか自殺をしてしまい、さらにビデオテープのコピーも姿を消してしまい…。ここでは、ドラマ「トドメの接吻(キス)」第6話のあらすじとストーリーについてご紹介します。

 

【(C)Nippon Television Network Corporation】

ドラマ「トドメの接吻(キス)」第6話のあらすじ

ドラマ「トドメの接吻(キス)」

【(C)Nippon Television Network Corporation】

 

尊氏と美尊の結婚を阻止するため、そして父の冤罪を晴らすために12年前のクルーズ船の事故の真相が隠されたビデオテープのコピーを探し始める旺太郎。

 

クルーズ船の運営会社を営む長谷部の父が尊氏の罪のもみ消しに協力していたという情報を掴んだ旺太郎は、長谷部を脅迫してビデオテープのコピーを探させる。

 

しかし、ビデオテープを探していたはずの長谷部が自殺。ビデオテープのコピーも見つからなかった。

 

旺太郎は宰子とキスをしてタイムリープするが、またしても長谷部の自殺は繰り返され、ビデオテープも発見されないままだった。

 

次第に、旺太郎は長谷部の死、そしてビデオテープのコピーの紛失に尊氏が絡んでいるのではないかと疑い始める。

ドラマ「トドメの接吻(キス)」第6話の登場人物

ドラマ「トドメの接吻(キス)」

【(C)Nippon Television Network Corporation】

 

堂島旺太郎 山崎賢人
佐藤宰子 門脇麦
並樹尊氏 新田真剣佑
並樹美尊 新木優子
長谷部寛之 佐野勇斗
春海一徳 菅田将暉
布袋道成 宮沢氷魚
並樹京子 高橋ひとみ
新井郡次 小市慢太朗
森菜緒 堀田茜
青田信凛 唐田えりか
小柳奈々子 山本亜依

ドラマ「トドメの接吻(キス)」第6話のストーリー解説※ネタバレ

ドラマ「トドメの接吻(キス)」

【(C)Nippon Television Network Corporation】

ビデーテープのコピーを探し始める旺太郎

12年前のクルーズ船沈没事故の秘密が隠されたビデオテープを尊氏に燃やされてしまった旺太郎。逆に、旺太郎は美尊と尊氏の婚約披露パーティーの壇上で美尊にキスをして会場を騒然とさせる。

 

その後、旺太郎は興信所の根津にある捜査を依頼していた。その捜査で並樹グループの前社長・尊が、船を沈めた尊氏の罪を隠すため関係者に手を回していたことを突き止める。

 

残すは尊氏の罪を立証するためのビデオテープのコピー…。根津から父の居場所を聞かされた旺太郎は、父がいるという香港へと旅立つ。

長谷部の父が尊氏の罪のもみ消しに協力したことを知り…

父を探しに香港へと向かった旺太郎。しかし、そこで父の姿を探すことはできなかった。その代わり、旺太郎は父も冤罪を証明するためにビデオテープのコピーを探していることを知る。

 

さらに旺太郎に新たな情報が舞い込む。クルーズ船の運営会社を営む長谷部の父が尊氏の罪を隠蔽するために協力していたというのだ。

 

香港にいる旺太郎は、長谷部を脅迫してビデオテープのコピーを探させる。

旺太郎が帰国すると長谷部が自殺したことが発覚

1週間後、香港から帰国した旺太郎にショッキングなニュースが舞い込む。なんと、ビデオテープのコピーを探させていた長谷部が海で自殺したというのだ。

 

旺太郎は自分の脅迫のせいで長谷部が自殺をしてしまったと責任を感じる。一方で、旺太郎は美尊から長谷部が亡くなる前にビデオテープを持っていたと聞かされる。

 

旺太郎は長谷部の自殺を阻止するため、そしてビデオテープのコピーを入手するために宰子とキスをして7日前にタイムリープ。旺太郎は優しい口調で、改めて長谷部にビデオテープのコピーを探すよう依頼した。

 

その後、ビデオテープのコピーを発見した長谷部。ビデオテープを見た長谷部は、尊氏がクルーズ船を沈没させた張本人であることを知る。

 

その後、旺太郎は長谷部からビデオテープのコピーを手に入れることに成功。しかし、長谷部が旺太郎からビデオテープのコピーを奪い「行くところがあるんだ!」と言いながら姿を消してしまう。そして、再び海で自殺した長谷部が発見される。

 

タイムリープをしたのに長谷部の自殺は繰り返されてしまった。一体、その理由は?そして、ビデオテープのコピーはどこに…?

長谷部の死、ビデオテープの紛失の裏には尊氏が絡んでいる…

旺太郎は長谷部の死について「アイツは本当に自殺だったのか…?」と疑問を抱く。旺太郎は長谷部の自殺現場となった海に向かうが、そこに長谷部の姿はなかった。

 

その頃、宰子は道を歩いているところで春海に遭遇。「同じ時間を繰り返すと元の出来事が抵抗して自分に降りかかってくる」と春海から言われた宰子は胸騒ぎを覚え…。

 

一方、長谷部の死、そしてビデオテープの紛失が尊氏の陰謀であると気づいた旺太郎は宰子の元を訪れキスをするよう依頼する。

 

しかし、春海から不気味な言葉を聞いた宰子は、長谷部を助けようとすることでその危機が旺太郎にふりかかる危険があるからやめようと説得する。

互いの存在について気づく旺太郎と宰子

旺太郎は宰子が持っていた靴を何気なく目にする。すると、その靴は12年前に亡くなった光太のものだった。

 

その時、旺太郎と宰子は初めて互いの存在について気づく。宰子は12年前に旺太郎が光太を犠牲にして助けた少女だったのだ。

 

宰子は12年前に自分を助けてくれた少年(旺太郎)が生きていたことを知り「あなたは生きててくれた…よかった…」と言葉をこぼす。

 

しかし、旺太郎は「何がよかったんだよ?生きてる方がよっぽど辛かったよ!」と言葉を荒げる。クルーズ船の事故により、旺太郎の人生は一変してしまったからだ。

 

旺太郎は宰子をベッドに押し倒し、「お前は光太から命をもらったんだよ…お前は俺に何ができる…償え…」とキスをして7日前にタイムリープする。

ドラマ「トドメの接吻(キス)」第6話の結末

長谷部が死んだ日にタイムリープした旺太郎は、長谷部が襲われたとする並樹乗馬倶楽部へ向かう。すると、覆面の男が長谷部を襲おうとしていた。

 

旺太郎は長谷部を助けるために覆面の男と対峙。そこに宰子がやってきて覆面の男から旺太郎を助けようとする。

 

覆面の男が手にもっていた凶器で宰子に襲いかかろうとした瞬間、旺太郎は宰子を押しのけた。そして、旺太郎は覆面の男に頭を殴られその場に倒れてしまう。

 

覆面の男の正体…それは尊氏の取り巻きの布袋だった。尊氏は自分の秘密が隠されたビデオテープのコピーを奪うため、布袋に長谷部を襲わせていたのだ。

 

一方、宰子は頭を殴られ倒れてしまった旺太郎を助けるためにキスをする。しかし、何度キスをしても旺太郎が目を覚ますことはなかった…。

ドラマ「トドメの接吻(キス)」の関連記事

おすすめの記事