ディズニー人気作品の実写映画「美女と野獣」。魔女の呪いによって野獣に変えられてしまった王子が、ベルとの出会いによって愛の意味を知っていくというストーリー。「美女と野獣」のヒロイン・ベルの役でエマ・ワトソンが出演。野獣になってしまった王子をダン・スティーヴンスが演じる。

 

【出典:amazon

美女と野獣のあらすじ

美女と野獣

【出典:amazon

 

森の奥深くにあるお城に、若く美しいが我儘で放漫な王子が召使いとともに暮らしていた。ある嵐の日、王子が住むお城にやつれた老婆が寒さをしのがせてほしいとやってくる。老婆がお礼として1輪のバラを差し出すも、王子は老婆を冷たくあしらいバラを投げ捨てた。すると、老婆が美しい魔女に姿を変え、愛のない王子を罰として醜い野獣の姿に変えてしまった。さらに、お城や王子の召使い達も呪いをかけられ姿を変えられてしまったのだ…。

 

その城の近くにあるヴィルヌーヴ村に、ベルという1人の若い女性が住んでいた。ベルは村一番の美しい女性だったが、愛読家でいつも本の世界にでてくるような夢ばかり見ていた。そんなベルを村人達は変わり者だと思っていた。

 

ある日、ベルの父・モーリスは自作のオルゴールを売るために愛馬のフィリップに乗って街にでかけた。すると、森の中で迷ってしまい、さらにはオオカミの群れに襲われてしまう。オオカミから逃げ切ったモーリスは、とある城に辿り着き美しいバラを見つける。モーリスがベルへのお土産としてバラを摘もうした瞬間、恐ろしい野獣に捕まってしまった。

 

翌朝、ベルのもとに父を乗せずに戻って来た愛馬のフィリップが帰ってくる。父を心配したベルはフィリップに案内されて城へと向かった。ベルはその城で野獣に捕らえられた父を発見する。その城ではバラを盗むことは極刑に値することだった。父を助けたいベルは、父の代わりに自分が牢屋に入ると野獣に伝えた。

 

最初は野獣を恐れていたベルだったが、次第に野獣の優しさや繊細さに気づき始める。そして、野獣も自分の醜い姿だけで判断しないベルに心を惹かれるようになっていく。野獣が魔女の呪いから解かれる条件は『愛し愛されること』を知ることだった…。

美女と野獣【予告動画】

美女と野獣の作品情報

登場人物・キャスト

ベル エマワトソン
野獣 ダン・スティーヴンス
モーリス ケヴィン・クライン
ガストン ルーク・エヴァンス
ル・フウ ジョシュ・ギャッド
ルミエール ユアン・マクレガー
コグスワース イアン・マッケラン
マダム・ド・ガルドローブ オードラ・マクドナルド
プリュメット ググ・バサ=ロー
カデンツァ スタンリー・トゥッチ
ポット夫人 エマ・トンプソン
チップ ネイサン・マック

スタッフ

監督 ビル・コンドン
制作 デビッド・ホバーマン
トッド・リーバーマン
製作総指揮 ジェフリー・シルバー
トーマス・シューマッハ
ドン・ハーン
脚本 スティーブン・チョボウスキー
エバン・スピリオトポウロス

作品データ

作品名 美女と野獣
制作年度 2017年
上映時間 130分
制作国 アメリカ

美女と野獣の関連記事

おすすめの記事