2018年公開のマーベルのアクション映画「ブラックパンサー」。全てを破壊してしまうほどの強大なパワーを秘めた鉱石“ヴィブラニウム”の産出国であるワカンダ国。父・ティ・チャカから国王とブラックパンサーという2つの使命を引き継いだ青年ティ・チャラが、世界征服を企むエリック・キルモンガーやユリシーズ・クロウに立ち向かう姿を描く。主人公ブラックパンサー/ティ・チャラ役でチャドウィック・ボーズマンが出演。監督は「クリード チャンプを継ぐ男」などを手がけたライアン・クーグラー。

 

【(C)Marvel Studios 2017】

映画「ブラックパンサー」のあらすじ

ブラックパンサー

【(C)Marvel Studios 2017】

 

アフリカの秘境にある超文明国『ワカンダ』。ワカンダでは全てを破壊してしまうほどの絶大なパワーを秘めた鉱石“ヴィブラニウム”が産出され、歴代の国王はヴィブラニウムが悪の手に渡らぬよう国の秘密として守り続けている。

 

ワカンダ国王のティ・チャカが没落後、若きティ・チャラが即位の儀式に臨み、国王にして国の守護者である『ブラックパンサー』に即位する。しかし、若きティ・チャラは自分に“国王”と“ブラックパンサー”という2つの使命が果たせるのかと葛藤していた。

 

その頃、ワカンダを狙う謎の男エリック・キルモンガーが武器商人のユリシーズ・クロウと手を組み怪しい動きを見せていた。2人は大英博物館からヴィブラニウムで作られたワカンダ王国製の展示物を盗み、韓国で取引をしようとしていた。

 

ワカンダ国が社会情勢を観察するために派遣していたスパイからキルモンガーとクロウの暗躍を知ったティ・チャラは、天才科学者である妹のシュリが改良した漆黒のスーツを身にまとい、親衛隊ドーラ・ミラージュのオコエとナキアとともに韓国・釜山の取引現場へと向かう。

 

取引現場ではクロウの取引相手を装ってCIA捜査官のエヴェレット・ロスがおとり捜査を行っていた。おとり捜査を見抜いたクロウは現場から逃走。ブラックパンサーとクロウたちとのデッドヒートの末、ロスがクロウの身柄を捕えることに成功する。

 

しかし、クロウを奪還しようとキルモンガーが奇襲を仕掛けてきて、ナキアを庇おうとしたロスが重傷を負ってしまう。ティ・チャラは傷ついたロスを救うために、ワカンダ国の掟を破って彼を国に連れて戻ることに。一方、その頃ワカンダ国王の座を狙うキルモンガーがワカンダ国に進入し、ヴィブラニウムの力によって世界征服を目論んでいた。

 

ティ・チャラはワカンダと世界を救うことができるのか…。

映画「ブラックパンサー」の予告動画

映画「ブラックパンサー」の作品情報

登場人物・キャスト

ティ・チャラ/ブラックパンサー チャドウィック・ボーズマン
エリック・キルモンガー マイケル・B・ジョーダン
ナキア ルピタ・ニョンゴ
オコエ ダナイ・グリラ
エヴェレット・ロス マーティン・フリーマン
ウカビ ダニエル・カルーヤ
シュリ レティーシャ・ライト
エムバク ウィンストン・デューク
ラモンダ アンジェラ・バセット
ズリ フォレスト・ウィテカー
ユリシーズ・クロウ アンディ・サーキス
ティ・チャカ ジョン・カニ
ウンジョブ スターリング・K・ブラウン

スタッフ

監督 ライアン・クーグラー
製作総指揮 ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
ネイト・ムーア
ジェフリー・チャーノフ
スタン・リー
脚本 ライアン・クーグラー
ジョー・ロバート・コール
原作 スタン・リー
ジャック・カービー
音楽 ルートヴィッヒ・ヨーランソン

作品データ

作品名 ブラックパンサー
制作年度 2018年
上映時間 134分
制作国 アメリカ

映画「ブラックパンサー」の関連記事

おすすめの記事