アダムス・ファミリーは、アダムス一家で起こる騒動をコメディカルに描いた映画作品。ちょっと不気味だけど、どこか笑ってしまうアダムス一家のキャラクターとストーリーが病みつきになること間違いなし。

 

【出典:amazon

アダムス・ファミリーのあらすじ

アダムスファミリー

【出典:amazon

 

アダムス・ファミリーの主ゴメズは、行方不明となっていた兄フェスターの帰りを25年間待っていた。

 

そんなある日、アダムス一家の顧問弁護士のタリーは、借金をしているクレイブン婦人の息子“ゴードン”がフェスターそっくりであることに気づく。そこで、ゴードンをフェスターそっくりに変装させて、アダムス家に潜入させアダムス家の財産を奪う計画を企てる。

 

アダムス一家は、すっかりゴードンをフェスターだと思い込み歓迎する。しかし、フェスターとは違うゴードンの様子に少しずつ気づき始め、アダムス家の人々は違和感を感じるようになる。

 

その後、タリーやクレイブン婦人の企てにより、館を追い出されることになってしまったアダムス一家。悲しむ家族のために、ゴメズの妻モーティシアが館を取り戻すために動く。しかし、そこでタリーやクレイブン婦人にモーティシアが捕まってしまってしまう。それを知ったハンドがゴメズにモーティシアが危ないと知らせに行く。

 

実は、ゴードンの本当の正体はフェスター本人だった。フェスターはバミューダ海域での事故が原因で記憶喪失になっており、自分をクレイブン婦人の息子“ゴードン”だと思い込んでいたのだ。雷で頭を打たれ記憶を取り戻したフェスターは、アダムズやモーティシアを守るために動く…。

アダムス・ファミリーの作品情報

登場人物・キャスト

ゴメズ・アダムス ラウル・ジュリア
モーティシア・アダムス アンジェリカ・ヒューストン
フェスター・アダムス/ゴードン クリストファー・ロイド
ウェンズデー・アダムス クリスティーナ・リッチ
パグズリー・アダムス ジミー・ワークマン
タリー・アルフォード ダン・ヘダヤ
アビゲイル・クレイブン/Dr.グレタ・ピンダーシュロス エリザベス・ウィルソン
グラニー・アダムス ジュディス・マリナ
ラーチ カレル・ストルイケン
ハンド

スタッフ

監督 バリー・ソネンフェルド
脚本 キャロライン・トンプソン/ラリー・ウィルソン
制作総指揮 グレアム・プレイス
制作 スコット・ルーディン

作品データ

作品名 アダムス・ファミリー
制作年度 1991年
上映時間 91分
制作国 アメリカ

アダムス・ファミリーの関連記事

おすすめの記事