2018年公開の青春ロマンス映画「恋は雨上がりのように」。17歳の女子校生・橘あきら(小松菜奈)とファミレスの店長の中年男性・近藤正己(大泉洋)との恋模様を描く。原作は眉月じゅん氏の人気コミック「恋は雨上がりのように」。「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」などを手がけた永井聡監督がメガホンをとる。

【(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館】

映画「恋は雨上がりのように」のあらすじ

映画「恋は雨上がりのように」
【(C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館】

17歳の高校2年生の少女・橘あきら(小松菜奈)は陸上部に所属し短距離走のエースとして活躍していた。しかし、アキレス腱を怪我してしまったことをきっかけに陸上の夢を断たれてしまう。

それは、ある雨の日のこと。陸上の夢を諦めるしかなく放心状態のあきらは、雨宿りをするために1件のファミレスに立ち寄る。すると、ファミレス店長の近藤正己(大泉洋)に優しく声をかけられたことをきっかけに、あきらは正己が店長を勤めるファミレスでアルバイトを始めることにした。

正己は元小説家志望だった冴えない45歳。バツイチで子供もいる。そんな28歳も年が離れている正己に対して、あきらは次第に恋心を募らせていく。

ある日、あきらは自分の想いを正己に告白する。しかし、正己はあきらの自分に対する想いをそのまま受け取ることはできない…。

陸上に向き合うことを諦めた高校生のあきら、小説家になる夢を諦めた冴えない中年の正己。2人は互いの出会いをきっかけに、束の間の人生の雨宿りのように自分自身を見つめ直し始める。

映画「恋は雨上がりのように」の予告動画

映画「恋は雨上がりのように」の作品情報

登場人物・キャスト

橘あきら 小松菜奈
近藤正己 大泉洋
喜屋武はるか 清野菜名
加瀬亮介 磯村勇斗
吉澤タカシ 葉山奨之
西田ユイ 松本穂香
倉田みずき 山本舞香
久保 濱田マリ
九条ちひろ 戸次重幸
橘ともよ 吉田羊

スタッフ

監督 永井聡
脚本 坂口理子
原作 眉月じゅん
音楽 伊藤ゴロー

作品データ

作品名 恋は雨上がりのように
制作年度 2018年
上映時間 112分
制作国 日本

映画「恋は雨上がりのように」の関連記事

おすすめの記事