2014年に公開された映画「花宵道中」は、安達祐実が演じる朝霧の「1人の女郎」「1人の女」としての生き様を描いた作品です。かつて人気子役だった安達祐実が、遊女・朝霧の壮絶な人生を体当たりの演技で魅せます。

 

【出典:amazon

花宵道中のあらすじ

花宵道中
【出典:amazon

 

花宵道中の主人公“朝霧(あさぎり)”は江戸の吉原で生まれ育った。朝霧は、七歳の時に母を亡くし行き場を失っていたところ、1人の遊女・霧里に拾われる。

 

成長した朝霧は、山田屋の人気女郎となった。体が火照ると桜の花びらのような斑点が浮かび上がることから「花が咲く女郎」として吉原の男達から評判となる。

 

ある日、朝霧は縁日へと向かい、そこで半次郎という1人の男と出会う。女郎としてどんなに男に抱かれても心がうずくことがなかった朝霧だったが、優しい半次郎に初めての恋をする。

 

互いに想い合う朝霧と半次郎であったが2人には悲しい結末が待っていた…。

花宵道中【予告動画】

花宵道中の作品情報

登場人物・キャスト

朝霧 安達祐実
半次郎 淵上泰史
八津 小篠恵奈
吉田屋藤衛門 津田寛治
霧里 高岡早紀
女将 友近

スタッフ

監督 豊島圭介
原作 宮木あや子
脚本 鴨義信
制作 間宮登良松
企画 加藤和夫
プロデューサー 佐藤現
矢後義和

作品データ

作品名 花宵道中
制作年度 2014年
上映時間 102分
制作国 日本

花宵道中の関連記事

関連キーワード
おすすめの記事