2018年公開のコメディアクション映画「パンク侍、斬られて候」。自らを「超人的剣客」と豪語するプータロー侍の掛十之進と迫り来るクセモノ達との腹の探り合い、1人の美女との恋の行方、謎の猿達との戦いの様子を描く。主人公の浪人・掛十之進役で綾野剛が出演。脚本を宮藤官九郎が手がけ、石井岳龍監督がメガホンをとる。

 

【(C)エイベックス通信放送】

映画「パンク侍、斬られて候」のあらすじ

パンク侍、斬られて候

【(C)エイベックス通信放送】

 

物語の舞台は江戸時代。とある街道にあらわれた巡礼の物乞いを、一人の浪人が斬りつける。その浪人の名前は掛十之進(綾野剛)。彼は自らを「超人的剣客」と名乗る。

 

その場に偶然居合わせた黒和藩の藩氏・長岡主馬(近藤公園)は十之進に物乞いを斬りつけた理由を問う。すると、十之進は物乞いの正体が新興宗教団体“腹ふり党”の一員であると語り、黒和藩に危険が近づいていると説明する…。

 

しかし、それはすべて十之進の“ハッタリ”。実は、数年前に腹ふり党はすでに廃れていたのだ。十之進は自分を黒和藩の仕官として迎え入れることを条件に黒和藩への就職を果たす。

 

その後、嘘がバレ死刑を言い渡される十之進。死刑を免れるため「偽の腹ふり党をでっちあげる」ことを計画する。自らが蒔いた種により、十之進は予想もできない大惨事へと巻き込まれていく…。

映画「パンク侍、斬られて候」の予告動画

映画「パンク侍、斬られて候」の作品情報

登場人物・キャスト

掛十之進 綾野剛
ろん 北川景子
黒和直仁 東出昌大
幕暮孫兵衛 染谷将太
茶山半郎 浅野忠信
大臼延珍 永瀬正敏
真鍋五千郎 村上淳
オサム 若葉竜也
長岡主馬 近藤公園
江下レの魂次 渋川清彦
大浦主膳 國村隼
内藤帯刀 豊川悦司

スタッフ

監督 石井岳龍
脚本 宮藤官九郎
原作 町田康
音楽 森俊之

作品データ

作品名 パンク侍、斬られて候
制作年度 2018年
上映時間 131分
制作国 日本

映画「パンク侍、斬られて候」の関連記事

おすすめの記事