2015年に公開されたアニメーション映画「バケモノの子」。バケモノの世界に迷い込んだ人間の子供・蓮とバケモノの世界「渋天街」の熊徹の成長と絆を描いたストーリー。監督は“ポスト宮崎駿”と注目される細田守。役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すずなど、豪華キャスト人が声優に参加。

 

【(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS】

映画「バケモノの子」のあらすじ

映画「バケモノの子」

【(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS】

 

両親が離婚後、母も事故で亡くしてしまい親戚に引き取られることになった9歳の蓮。引っ越しの途中に逃げ出した蓮は、渋谷の路地裏を徘徊している途中に熊のようなバケモノ“熊徹”と出会う。

 

その頃、バケモノの世界では老齢となった長老の宗師の後継者選びが迫られていた。後継者候補の1人だった熊徹は、次の宗師を決める闘技会に出場するために弟子を取ることが条件付けられていた。

 

その後、バケモノの世界「渋天街」に迷い込んだ蓮は熊徹と再会。一人でも生きられるように強くなりたいと願っていた蓮は、熊徹に“九太”と名付けられ彼の弟子となることに。

 

師弟となった九太(蓮)と熊徹は互いに鍛錬を重ねながら心を通わせていく。

映画「バケモノの子」の予告動画

映画「バケモノの子」の作品情報

登場人物・声優

熊徹 役所広司
九太(少年期) 宮崎あおい
九太(青年期) 染谷将太
広瀬すず
猪王山 山路和弘
一郎彦(青年期) 宮野真守
一郎彦(少年期) 黒木華
二郎丸(青年期) 山口勝平
二郎丸(少年期) 大野百花
九太の父 長塚圭史
九太の母 麻生久美子
チコ 諸星すみれ
宗師 津川雅彦
百秋坊 リリー・フランキー
多々良 大泉洋

スタッフ

監督 細田守
脚本 細田守
原作 細田守
音楽 高木正勝

作品データ

作品名 バケモノの子
制作年度 2015年
上映時間 118分
制作国 日本

映画「バケモノの子」の関連記事

おすすめの記事