「言の葉の庭」「秒速5センチーメートル」などを手がける、アニメーション映画監督・新海誠監督の映画「君の名は。」。2016年に公開され、興行収入は250億円を越える大ヒット作。映画「君の名は。」の主題歌には、RADWINPSの楽曲『前前前世』が起用されている。

 

【(C)2016「君の名は。」製作委員会】

「君の名は。」のあらすじ

君の名は。

【(C)2016「君の名は。」製作委員会】

 

岐阜県の山奥にある糸守町に住む女子校生の三葉は、おしゃれなカフェもない自分の町を嘆き「来世は東京のイケメン男子になりたい」と憧れていた。そんなある日、目を覚ました三葉は自分が見覚えのない部屋にいることに気づく。さらに、自分の体を触ってみると胸がなく、その代わりに男にしか付いていないものが下半身にあることに気づく。三葉は夢だと思いながらも、東京に住む男子高校生の“誰か”としての生活を始めた。

 

その頃、東京の男子高校生の立花瀧も、自分の部屋ではない誰かの部屋で目を覚ます。さらに、立花瀧は自分の体に二つの胸が付いており、困惑しながらも触りながら確かめた。田舎に住む三葉と東京の住む立花瀧は、次第に自分達の体が週に2〜3回の頻度で入れ替わっていることに気づく。2人は自分達に起こっている出来事を理解しきれずも、お互いにルールを決め、その生活を続けることにした。

 

そんな入れ替わり生活を続けていた三葉と瀧だったが、ある日を境にその入れ替わりが止まってしまう。三葉との入れ替わりが止まった瀧は、なにかに心奪われるように風景を描き続けていた。その風景とは、瀧が三葉と入れ替わっているときに見ていた風景だった。しかし、瀧はその風景が『岐阜の飛騨のどこか』であることしか分からなかった。それでも、瀧はその場所に行けば三葉本人と出会えるのではないかと考え、高校の友人・藤井司とバイト先の先輩・奥寺ミキとともに風景がある場所に向かった。すると、そこは糸守町という3年前の2013年にティアマト彗星の破片が落下したことにより消滅した町だったのだ。

 

瀧はすぐに糸守町についての資料を調べ始めた。すると、そこには数週間前まで入れ替わり生活をしていた三葉の名前が記されていた。瀧は3年前にティアマト彗星の落下によって亡くなった三葉と入れ替わっていたことに気づく。

 

瀧はもう一度三葉と入れ替わり、3年前に起こったティアマト彗星落下事件から糸守町の住民を回避させ、再び三葉と出会うために動き出す…。

「君の名は。」【予告動画】

「君の名は。」の作品情報

登場人物・声優

立花瀧 神木隆之介
宮水三葉 上白石萌音
宮水一葉 市原悦子
宮水四葉 谷花音
宮水俊樹 てらそままさき
宮水二葉 大原さやか
勅使河原克彦 成田凌
名取早耶香 悠木碧
ユキちゃん先生 花澤香菜
奥寺ミキ 長澤まさみ
藤井司 島﨑信長
高木真太 たかぎしんた
瀧の父 井上和彦
勅使河原の父 茶風林
勅使河原の母 かとう有花

スタッフ

監督 新海誠
脚本 新海誠
音楽 RADWIMPS

作品データ

作品名 君の名は。
制作年度 2016年
上映時間 107分
制作国 日本

「君の名は。」の関連記事

おすすめの記事