• 太陽の末裔 韓流映画・ドラマ特集
  • 恋は雨上がりのように テレビアニメ特集
  • アダムスファミリー2 海外映画特集
  • 映画「祈りの幕が下りる時」特集・まとめ 国内映画特集
  • 君の名は。 国内映画特集
  • 心が叫びたがってるんだ。 国内映画特集
  • 秒速5センチメートル 国内映画特集
  • サクラダリセット テレビアニメ特集
  • ゴシップガール シーズン1 海外ドラマ特集
  • 桐島、部活やめるってよ 国内映画特集
15時17分、パリ行き

映画「15時17分、パリ行き」を視聴した方のレビュー・感想の紹介ページです。レビュー・感想をご参考に、映画「15時17分、パリ行き」をお楽しみください。

 

【(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC】

映画「15時17分、パリ行き」レビュー・感想

dekapanさんのレビュー・感想
15時17分、パリ行き。すごい自然だったけど過去の自分の再現って、時間を経て出来事の消化、意味づけがされた後では、やはりそれは演技なのかな。偶然と捉えるか運命と捉えるか、現実と映画の境目。その交錯、邂逅をみせてもらった。「誰にも物語がある」の台詞が印象的。
Watomonさんのレビュー・感想
映画「15時17分、パリ行き」は初日で観たけど、日常シーンが本当に凡庸なんだよな。スペンサーが「運命に押されている気がする」と言ってたのは何か日常にある虚無感を払拭するきっかけを探していたのではないかなぁと。それであの時彼はとっさに動けたのかもしれない。
煮ても焼いても食えるさんのレビュー・感想
『15時17分、パリ行き』について簡単に説明すると、列車での銃乱射事件を防いだアメリカ人3人の話をその本人主演で映画化した作品なんですが、その結果として普通の人が自分の人生を再現してひたすら観光している映像などを延々と見せられる
そらさんのレビュー・感想
15時17分、パリ行き。予告編で想像させるような劇的な何かは全くないけど、とても丁寧で誠実で、あぁいいもの観たな~と、じわじわ幸福感が押し寄せるような、いい映画だった。
伊藤博敏さんのレビュー・感想
15時17分、パリ行き。32本目。2015年に起きた列車のテロを防いだ3人の若者の事実に基づいた作品。驚きなのが演じているのはその本人達であるという所。演技は素人さんだけど、監督の撮り方が良いのか凄くリアリティがあった。ただ、映画にする為なのか3人の半生が話の中心なので、そこは心して見よう。
葦見川和哉さんのレビュー・感想
『15時17分、パリ行き』。俳優がなりきるのではなく当事者が再現しながら物語が進んで行くけど、かといってドキュメントではない。映画とドキュメントの境界線をぼかしながら、3人とともに観客をあの日あの時のパリ行き列車へと誘う。そして一気に押し寄せた緊迫感の爆発力たるや。凄い。
たんまめ 📖さんのレビュー・感想
『15時17分、パリ行き』はドキュメンタリー映画なんやけど、普段ならその実話をなぞって俳優さん達が演じて映画を作るんだろうけど、この映画はそのこと自体を経験した本人達が本人として演じてるんだよー!演じてる人が本物なん!すごいよーもう一般人じゃねえ俳優さんで違和感なかったすごかったよ
みどかわ@映画垢さんのレビュー・感想
「15時17分、パリ行き」
テロに遭遇するという極限の環境下で動くことが出来たのは、それまでけして諦めずに積み重ねてきた結果なのかもしれない
そしてイーストウッド監督はそれをあまりにも上手く表現していた
金星ガニさんのレビュー・感想
『15時17分、パリ行き』観た。うおおおお!涙が止まらん!自分にとって理想的で最高に近いヒーロー映画であり、ここで描かれているのは、自分がこうなりたい、ヒーローの姿その物なんだよ!ツボ、正にツボ!本作とシャマランの『アンブレイカブル』は自分にとって全く同じ作品なのです!
バグ・バズさんのレビュー・感想
『15時17分、パリ行き』見たら
内容の3分の1はヨーロッパ観光映画だったぞw

クリント・イーストウッドは
今やもうすっかり実録USA映画(アメリカ持ち上げる作品)の代表になりましたな〜

アメリカ人すごい🇺🇸
アメリカこそ正義🇺🇸
アメリカ最高みたいな🇺🇸

ONO tsutomuさんのレビュー・感想
映画「15時17分、パリ行き」。それにしても事件の当事者たちを実際に主演にして映画を作るなんてなんたる発想。映画を観終えて立ち寄った本屋で「文春」を手に取る。ちょうど町山智浩さんが映画について書いていた。イーストウッド監督はもはや「予測の範囲内」のことには興味がないようだ。
葦見川和哉さんのレビュー・感想
『15時17分、パリ行き』。すごい作品を観た感ハンパない。当事者が出演しているからこその、生々しいリアリティ。3人の等身大の姿を追い続けながらある意味緊迫感を終盤ギリギリまで抑え込む方法で、映画ともドキュメントとも区別のつかない、イーストウッドだからこそ描ける作品だった。
明るい未来さんのレビュー・感想
映画「15時17分、パリ行き」2015年8月にアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、イスラム過激派の男が乗り込み銃を乱射。犯行シーンと取り押さえるシーンは少ない。3人の中学校での様子、軍での訓練や活動、欧州旅行の様子がメインだが、この生い立ちや旅行の伏線の描写が良い。
yf51ktmbvさんのレビュー・感想
「15時17分、パリ行き」を観てきた。俺が「ハドソン川の奇跡」で号泣した部分を更に推し進めた映画。事件の当事者を本人役で映画に出すという狂った発想もラストシーンで納得。事前情報全く仕入れずに観たら下手すると気付かないくらい自然で、カット割りとか神経使ったんだろうなと脱帽。
親方さんのレビュー・感想
「15時17分、パリ行き」映画ってなんだろう。役者も使わずでもイーストウッドらしい映画になっている。凄い。
おすすめの記事
アオハライド
国内映画特集
2014年に公開された『アオハライド』は、『別冊マーガレット』で連載されていた咲坂伊緒の漫画を原作とした映画作品。主人公の双葉が初恋相手の洸...
15時17分、パリ行き
予告動画・PV
映画「15時17分、パリ行き」の予告動画をご紹介するページです。映画「15時17分、パリ行き」のあらすじやキャスト、作品情報についても公開中...
言の葉の庭
予告動画・PV
映画「言の葉の庭」の予告動画をご紹介するページです。映画「言の葉の庭」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!動画ミルで映...
映画「鋼の錬金術師」
レビュー・感想
映画「鋼の錬金術師」を視聴した方のレビュー・感想の紹介ページです。レビュー・感想をご参考に、映画「鋼の錬金術師」をお楽しみください。 【(...