• ダークタワー 海外映画特集
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 国内ドラマ特集
  • 進撃の巨人 テレビアニメ特集
  • 未成年だけどコドモじゃない 国内映画特集
  • 新宿スワン2 国内映画特集
  • 僕たちがやりました 国内ドラマ特集
  • 秒速5センチメートル 国内映画特集
  • ドラマ「きみが心に棲みついた」 国内ドラマ特集
  • 50回目のファーストキス レビュー・感想
  • 新宿スワン 国内映画特集
あゝ、荒野

映画「あゝ、荒野(前編/後編)」を視聴した方のレビュー・感想の紹介ページです。レビュー・感想をご参考に、映画「あゝ、荒野(前編/後編)」をお楽しみください。

 

【(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ】

映画「あゝ、荒野(前編/後編)」レビュー・感想

お茶缶さんのレビュー・感想
『あゝ、荒野』の原作を読み2回目の鑑賞。登場人物の人間関係密度の濃さを整理すれば2時間くらいで収まるような原作だったけど、原作通りに撮ったらあの映画のごつごつした迫力は出なかったから必要な「密度」だったのかな。
ラプコさんのレビュー・感想
「あゝ、荒野」前後編も観了したのですが、とんでもない映画だった。大きなスクリーンなら受け止めきれなかったかも。シネヌーヴォxさんで良かった…。菅田くんは怪物か…そしてヤン・イクチュン…なんて俳優だ。
U一等兵さんのレビュー・感想
『あゝ、荒野 前篇』観た。自殺のエピソードは余分だと感じたけど寺山修司原作だからか良い意味で昭和臭く、元振り込め詐欺師達による平成のあしたのジョーみたいな良作映画だった。河井青葉さん、木村多江さんと好みの女優さん出てたのも良いけど個人的にユースケ・サンタマリアが一番光ってたと思う
オペラ座の隣人さんのレビュー・感想
映画『あゝ、荒野』(前・後)
誰もが渇いている。誰もが荒野の中にいる。
数十年前に書かれたものを、現代(近未来)に置いてもこんなに響くのが寺山修司の凄さか。或いは人間の本質か。
どちらも2時間半を感じさせない。あっという間で足りないぐらいだ。
ももはんさんのレビュー・感想
「あゝ、荒野」の余韻であまり眠れなかった。0時に観終わって3時に寝て5時起き。引きずるタイプの映画だわ。新次とバリカンが、なぜ闘わないといけなかったのか、ずっと考えてた。お陰で寝過ごさずにゴミ出しができます。
🎀ぴのこちゃん 🎀さんのレビュー・感想
あゝ、荒野読み終わってから映画の主題歌の歌詞が本当に身にしみて。痺れる。BRAHMANのああ今夜だったけかな。胸を張って生きてたら出会ってないよって歌にすべて込められてる。ボクシングのリングで二人は最後愛し合ったのでしょうか。難しい。
ωさんのレビュー・感想
新八役が素晴らしくて役者名を見、劇場を出た足でそのままたて続けに彼の主演映画を4作観たよ。名前の読み方も知らなかった。2017年のベスト邦画は「あゝ、荒野」。でんでん、ユースケ・サンタマリア、髙橋和也が黄昏れながら嘗てないほど色っぽく魅力的に撮られていて。男っていいなぁと思ったよ。
ささはるさんのレビュー・感想
「あゝ荒野」前編観たんだけど、めっちゃ良かった。ユースケ良かったなぁと思ってたら助演男優賞取ったのか。なるほど。ヤン イクチュンさんもすごくいい。菅田将暉くんは天才だと思ってる。後編も早く観なきゃなぁ。映画館で観ればよかったなぁと少し後悔。
映画を伝える、JODIE(ジョディ)さんのレビュー・感想
『あゝ、荒野』の特に、新宿新次(菅田将暉)と山本裕二(山田裕貴)のボクシングシーンは『クリード チャンプを継ぐ男』を遥かに超え、迫真性という意味ではボクシング映画史上最高レベルだといえるだろう。カット割りで簡単にごまかそうとはしない岸善幸監督と役者の決死の覚悟がはっきりと見える。
Lisaさんのレビュー・感想
あゝ荒野
何回見ても、裕二vs新次で泣いてしまう
まさかボクシングで泣くなんて思ってなかったし
格闘技とかボクシングとか苦手の先入観があって
そもそも山田裕貴くんが出ていなかったら見ようと思わなかった映画
苦手というマイナスから入ったのに
泣くまで引き込ませてきた、俳優山田裕貴、最強✨
tonton390さんのレビュー・感想

あゝ荒野前編ラストの新次、恐ろしい程に闘争心むき出しでまるで闘犬!そして眼がギラギラ光を放ち狂気に充ちてた。だが、何故か涙が頬をつたう…何でかな何でかな?

そこにいるのは菅田くんではなく紛れもなく新次だ!新次が息をしてる。

映画館で大きなスクリーンで観たかったなあ~😭

むーみんさんのレビュー・感想
「あゝ、荒野」っていう菅田将暉が主演の映画借りて見てるんだけど内容がディープ過ぎて家族で見る映画じゃなかった…
きたもこさんのレビュー・感想
映画館で映画を観る楽しさを知れて、良かった。見知らぬ人々だけど、今、この映画を選んで同じ時間に観ている、という連帯感もあって。いや、個々ではあるのだけど。この前「あゝ、荒野」観た時の幸福感は、一人では絶対味わえなかったものだった。観客みんなが建二を愛した空気を感じたんだよなあ。
isonoさんのレビュー・感想

ハッピーエンドばかりが映画じゃないし、解決して終わるばかりが映画ではない。

つまりは、あゝ、荒野、魂感じた映画だったということです!

高木さんのレビュー・感想
アジア系の映画見た時の生臭くて埃臭い余韻が堪らん…あゝ荒野も健二のカウントダウンから新次の無音エンドの構成完璧過ぎた

映画「あゝ、荒野(前編/後編)」の関連記事

あゝ、荒野
映画「あゝ、荒野(前編/後編)」特集・まとめ
2018.2.21
2017年に公開された青春映画「あゝ、荒野(前編/後編)」。社会に見捨てられた孤独な2人の青年“新次”と“健二”が、ボクシングを通じて友情を築いていく姿を描く。新次役の菅田将暉と建二役のヤン・イクチュン。監督は「二重生活」を手がけた岸善幸。 【(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ】 映...…
あゝ、荒野
映画「あゝ、荒野(前編/後編)」予告動画
2018.2.21
映画「あゝ、荒野(前編/後編)」の予告動画をご紹介するページです。映画「あゝ、荒野(前編/後編)」のあらすじやキャスト、作品情報についても公開中!映画「あゝ、荒野(前編/後編)」の予告動画・作品内容を動画ミルでご覧ください。 【(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ】 映画「あゝ、荒野(...…
あゝ、荒野
木下あかりが菅田将暉と濡れ場シーンで裸体を露に!【あゝ、荒野】
2018.3.8
2017年に公開された菅田将暉主演の映画「あゝ、荒野」。映画「あゝ、荒野」でヒロインの芳子役を演じる木下あかりが菅田将暉と過激な濡れ場シーンを演じ話題に!該当の濡れ場シーンでは木下あかりが全裸となっており胸元も露となっています。ここでは映画「あゝ、荒野」より木下あかりが菅田将暉と演じた濡れ場シーンに...…

関連キーワード
おすすめの記事
猟奇的な彼女
予告動画・PV
映画「猟奇的な彼女」の予告動画をご紹介するページです。映画「猟奇的な彼女」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!映画「猟...
15時17分、パリ行き
予告動画・PV
映画「15時17分、パリ行き」の予告動画をご紹介するページです。映画「15時17分、パリ行き」のあらすじやキャスト、作品情報についても公開中...
映画「昼顔」
予告動画・PV
映画「昼顔」の予告動画をご紹介するページです。映画「昼顔」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!映画「昼顔」の予告動画・...
アオハライド
予告動画・PV
映画「アオハライド」の予告動画をご紹介するページです。映画「アオハライド」のあらすじやキャスト・登場人物、作品情報についても公開中!映画「ア...